士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

編集部が厳選!【書評】税理士事務所経営の極意―自分が儲からないのに、顧問先が儲かるはずがない! 記事


税理士事務所経営の極意―自分が儲からないのに、顧問先が儲かるはずがない!


人件費抑制の仕組みづくりや提案型の業務スタイルの確立、顧問先獲得のための営業手法など、著者ならではの税理士事務所経営のノウハウを凝縮した一冊。

Amazonで購入

目次
序章 成功する税理士事務所経営とは?
第1章 税理士事務所が抱える問題点
第2章 人件費率10%以内を目指す経営改善
第3章 顧問先に信頼される税理士事務所とは?
第4章 受身型から提案型業務への転換
第5章 たちまち顧客が増える営業術
第6章 真の専門家事務所の確立を目指して


単行本: 192ページ
出版社:清文社
発売日:2011/8/5
価格: 1944円(税込)

著書情報
都築 巌
税理士・行政書士。昭和54年(1979年)立命館大学法学部卒業後、大阪国税局及び管内各税務署に勤務。間接税、法人税、消費税等の調査及び審理事務に従事。平成13年(2001年)大阪国税不服審判所勤務を最後に退職。同年、税理士登録、京都府宇治市において税理士事務所開設。現在、租税訴訟学会理事、租税訴訟学会近畿支部幹事、日本税法学会会員、近畿税理士会業務相談室相談員、税理士会関係各団体主催研修講師、公認会計士協会近畿実務補習所講師、生保・証券会社主催セミナー講師