士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

編集部が厳選!【書評】小さな士業事務所の「仲間力」──激動の時代を生き残る! 記事

小さな士業事務所の「仲間力」──激動の時代を生き残る! ◇得意分野、対応エリア、売上が同時に増える!
「アライアンス戦略」のスタートから運営ノウハウまで

◆著者「はじめに」より抜粋
弁護士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、司法書士などなど、これらいわゆる士業は専門資格職業と呼ばれ、高い専門性が求められる仕事です。
そのため、士業の仕事に就くには、国家試験を突破し資格を取得する必要があります。
それらの試験の難度は総じて高く、現在活躍中の士業の方の中には、長い時間をかけ、ようやくの思いで資格を取得した人もおられるはずです。
かくいう私も、そんな士業に従事する者の一人です。
私の場合は、父親の代から会計事務所をやっていて、その後を継ぐために税理士資格を取りました。つまり、家業を継ぐために資格を取ったのですが、現在士業に従事している方の中には、「一生食いっぱぐれない仕事」として士業を選んだ方も少なくないと思います。
しかし、安泰だと思われていた士業の業界を取り巻く環境は、長引く不況(というよりも、経済・社会の構造変化というべきでしょうか)の影響で大きく変わり、今や士業も受難の時代を迎えています。
士業といえども、倒産や廃業のリスクと常に向き合わなければ生き残れない、今はそんな時代です。

私自身、父の事務所を引き継いでから、顧客の減少や報酬の低下に頭を悩ませた経験をもっています。
それまで、士業の世界では、看板を掲げて事務所を開けておけば、黙っていてもお客さんの方からやってくるのが当たり前のように思われていました。
今では信じられないかもしれませんが、新規のお客さんを増やすべく高付加価値のサービスを提供するより、既存のお客さんに対するルーティーン・ワークをキチンとこなすことの方が重要だと考えられていたのです。
そのため、いざ顧客が減り始め、攻めの営業に転じようと発破をかけても、目の前の仕事をこなすことに慣れ親しんだスタッフは、なかなか思ったように動いてくれません。正直、私も途方にくれた時期がありました。

しかし、そんな苦しい時代にもちかけられた事務所合併の申し入れがきっかけとなり、私は、中堅士業の事務所が生き延びていくための妙策にたどり着くことになるのです。
その鍵を握っていたのが、本書のタイトルにもある「仲間力」です。

本書はこの「仲間力」を活用して、士業受難の時代を、生き残り、勝ち抜く方法をお伝えすることを目的としています。
私が会計事務所業界に身を置いている関係上、会計事務所業界の話が多くなってしまいますが、「仲間力」のもたらす価値は、どんな士業も、基本的には同じだと思います。

本書が一人でも多くの士業仲間の一助となれれば、筆者としてこれ以上の喜びはありません。ぜひ、ご一読ください。

Amazonで購入する

目次
はじめに
第1章 士業淘汰の時代は「仲間力」で乗り切れ
第2章 士業が陥りがちなアライアンス・ノウハウのワナ
第3章 10年共に成長し続ける「仲間」をつくる5ステップ
第4章 落とし穴を避け「仲間力」を維持
おわりに あなたは三尺三寸箸をどう使いますか?

単行本(ソフトカバー): 224ページ
出版社:自由国民社
発売日:2013/9/12
価格:1620円(税込)

著者情報
河合 秀俊(かわい・ひでとし)
税理士、行政書士、戦略経営コンサルタント

昭和37年 愛知県豊田市に生まれる
紆余曲折の末
平成5年 河合銀一公認会計士・税理士事務所 入所
平成15年 事業承継により河合秀俊税理士事務所 所長就任
平成21年 MAC税理士法人との合併を前提に河合&MAC税理士法人設立 代表社員就任(結局、合併はしていない)
平成24年 ミッドランド税理士法人アライアンス結成を機にミッドランド税理士法人に名称変更
同年(株)ミッドランド経営研究所
(株)ミッドランド人事研究所
(株)ミッドランド財産研究所 設立 代表取締役就任
TKC全国会、MMPG正会員