士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

【書評】編集部が厳選! テキトー税理士が会社を潰す 記事

テキトー税理士が会社を潰す
滅びゆく会社を笑顔で静観する。
これが税理士業界の実像だ。

Amazonで購入する
 

目次

第1章 中小企業を食い物にするテキトー税理士たち
(テキトー税理士とまともな税理士の違いに気づけ! 世の中にはテキトー税理士がゴロゴロいるという真実 たった5・6%のまともな税理士に出会う4つの方法 ほか)

第2章 業績を伸ばすも落とすも税理士次第だ!
(会社の繁栄を約束する管理会計の秘密 正確性とスピードが現在の会計に求められている 税理士ならではのコンサルティングに期待しろ ほか)

第3章 税理士と筋肉質な企業をつくれ
(税理士が教える黒字継続の秘策 「給料のいい中小企業」から社員が逃げていく 「いつでもすぐに、お金は儲かる」と断言できる ほか)

単行本: 209ページ
出版社:幻冬舎メディアコンサルティング
発売日:2009/01/01
価格:1,543円(税込)
 
著者情報
山下 明宏
山下明宏税理士事務所所長。税理士。1963年東京都生まれ。TKC東京都心会所属、同会副会長。TKC全国会ニューメンバーズ・サービス委員会副委員長、同委員会フォロー部会長。税理士資格を取得後、後輩の指導育成にあたっていたが、親身なサービスを受けられない経営者が多数いる現実を知り、95年に独立開業。税理士と公認会計士の全国ネットワークであるTKC全国会に入会。以後、同会の掲げる「黒字決算実現の支援と適性申告の実現」という考えを全国に浸透させる活動に身を投じる。月次巡回監査、税務申告書への税務監査証明書の添付を徹底することを旨とした税理士業界の改革者、若手教育のリーダーとしての知名度が高い