士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

「製販分離」で成果を上げるための4原則 記事

「製販分離」で成果を上げるための4原則

効率化を追求することで新規顧問先の獲得や既存顧問先に付加価値業務を提案しやすくなった製販分離体制。
しかし、現在の体制から抜本的に組織を編成するのは大変なもの。
ここでは所長の先生が意識しておくべき4つの要素を紹介します。
 

「製販分離」で成果を上げるための4原則

原則1 目的を明確にする
・何を目指すために製販分離体制を採用するのか目的を明確に
・製販分離の先の成功イメージを具体的に持つこと
 

原則2 全職員に目的を共有

・ ベテランの職員ほど、組織再編に反発しがち。強引に押し切る覚悟があるのか
・ 成功イメージを職員に与え、不安を払拭させるため適応ルールの整備は予めしておく
 

原則3 中期的な取り組み&見直し

・ 即効性を期待せずに、運用していく中で明るみになった問題の要因を解明
・ 定期的に見直しをしていきながら整備していく
 

原則4 ルールの共有と徹底

・ 所長や幹部が率先してルールに従って業務を行うこと
・ルールに従って遂行しないと業務が進行できないようにすること

 

組織体制の再編 トップの覚悟と決意

なぜ製販分離の体制をとりたいのか。
この先どうなりたいか所長自身が明確なビジョンを持つことが重要です。
そして、このビジョンを全職員に共有します。
キャリアが長ければ長い職員ほど反発してくるでしょう。
その根幹には「先がわからないから変わりたくない」という深層心理が働いているからです。
そこで、再編したら職員はどうなるのかをイメージさせる必要があります。
それでも反発する職員に対して、強引に押し切る姿勢も必要となってくるでしょう。

次に、運用計画を作成すること。
続きを読む