士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

【若手所長の開業日記】半年以上前に独立を伝え、円滑な引き継ぎで良好なスタートを切る 記事

半年以上前に独立を伝え、円滑な引き継ぎで良好なスタートを切る

神奈川県小田原市に密着したサービスを展開する中谷彰吾氏(税理士・農業経営アドバイザー)。
しかし、もともと当地出身ではありません。

中谷氏は和歌山県生まれ。
「馬が好き」ということから、北海道大学農学部畜産科学科に進学しました。

卒業後、乳業会社に就職。茨城県の工場に勤務しました。

しかし、実務の適性を考え、税理士になることを決意。
神奈川県平塚市の会計事務所に転職しました。

結婚を機に、夫人の勤務先がある小田原市に転居。
後に東京・神田の会計事務所に転職しました。
「長い通勤時間で税理士試験の勉強がはかどりました」(中谷氏)

2011年12月に税理士試験合格。
もともと資格を取ったら独立するつもりでしたが、タイミングを慎重に考えました。
確定申告の繁忙期が終わる2013年4月を独立時期に定め、その半年以上前にあたる2012年9月に独立する旨を所長に伝えました。
 

のれん分けで開業時から固定費の心配とは無縁に

独立まで半年以上あったので、引き継ぎは円滑に進行。
そうした下地もあり、中谷氏自らのコネクションで獲得した顧問先など、月次顧問先2件、申告のみの顧問先5件をのれん分けできました。

「独立時にお客様がいたので、固定費の心配がなくて済みました」(中谷氏)

今では「農業に強い税理士」「日本一敷居の低い税理士事務所」として、地域のイベント等に積極的に顔を出してコネクションを形成。
縁あってたどり着いた小田原で、ビジネスを着実に広げています。
 

プロフィール

中谷 彰吾氏

中谷 彰吾氏

1981年和歌山県生まれ
2003年北海道大学農学部卒業
2003年乳業会社就職
2004年会計事務所勤務
2011年税理士試験合格

中谷彰吾税理士事務所(神奈川県小田原市)
2013年4月開業。「農業に強い税理士」「日本一敷居の低い税理士事務所」を目指す。