士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

【若手所長の開業日記】開業時に戦略を練りニーズが高く競合が少ない創業補助金に特化 記事

開業時に戦略を練りニーズが高く競合が少ない創業補助金に特化
 

出産、育児を目前に「自分のペースで働きたい」と独立を決意

水谷翠氏(公認会計士・税理士)は大卒後10年近くにわたって会計事務所にて上場企業の監査をはじめ、創業、合併、事業譲渡、事業再生、不動産証券化など、多彩な高付加価値業務に携わってきました。

もともと組織のトップとしての独立開業を目指していた水谷氏。
夫も公認会計士で会計事務所を経営していますが「仕事は自分のスタイルで自由に行いたい」と、個別での独立開業にこだわりました。

第二子を授かったことで「出産、育児があるので、自分のペースで働きたい」と、独立を決意。
2013年6月に事務所を開業し、新たなスタートを切りました。

水谷氏は独立時に事務所の戦略を練ったといいます。
そこで着目したのが、創業補助金のサポート。
「新設法人からのニーズが高い一方で、『面倒だ』と敬遠する会計事務所が多いことに着目しました」(水谷氏)。

創業補助金東京都事務局にて唯一の専門家スタッフとしてアドバイス業務に携わり、ノウハウを体得しました。

マーケティング活動は創業補助金セミナーのみ。
異業種交流会で知り合った起業家に声をかけるだけで、セミナーの集客が完了します。
参加者20人のうち半数の10人前後が補助金申請を希望し、サポート業務に着手。
そのうち一部が顧問契約につながります。
手厚いフォローが好評で、審査が通らなくても顧問契約を結んだ例もあるといいます。
開業時に掲げた強みがヒットし、ビジネスを軌道に乗せています。
 

プロフィール



水谷 翠(みずたに みどり)氏

1980年生まれ
2003年慶應義塾大学商学部卒業
2004年都内の会計事務所で中小企業から上場企業まで、創業、合併、事業再生、不動産証券化、監査等多岐にわたる業務を行う
2013年6月独立開業

水谷翠会計事務所(東京都中央区)
補助金サポートを核とした創業支援に強みを発揮する。税理士向けにも補助金セミナーを開催。