シニア世代活用で来る労働力不足に備えよう! 記事

シニア世代活用で来る労働力不足に備えよう
 

生産年齢人口は減少の一途
シニア世代を活用しよう

我が国において、生産年齢人口( 15〜64歳)は減少し続けており、今後もこの傾向は変わりません。
近い将来、確実に到来する労働力不足に備えるためには、シニア世代就業者の活躍が求められるでしょう。

実際に『働けるうちはいつまでも』働きたいと考えるシニア世代は多く(図2)、また、働きたいが働いていないシニアも一定数います(図1)。このような人たちが長く働ける社会を作るために、環境を整えていく必要があるでしょう。

図2
資料:内閣府「高齢者の日常生活に関する意識調査」(2014 年)により、内閣府「平成 28 年版高齢社会白書」図 1-2-4-1 を再作成。
7 割以上のシニア世代に働く意向がある


図1
資料:総務省「就業構造基本調査」(平成 24 年)により、内閣府「平成 28 年版高齢社会白書」図1-2-4-2 を再作成。
定年を過ぎた65 ~ 69 歳でも就業している人が約半数
その環境整備は現状として、中小企業の方が進んでいるようです。
続きを読む