遺産整理業務の提案手法と効率よく相続案件を獲得するための体制構築手法 記事

▶リーガルエスコート流!
「遺産整理業務」から相続案件を獲得する効果的なマーケティング手法

▶単価UPを実現するための基本!
司法書士事務所がこれから構築するべきサービスラインナップとは?

▶単価UPは顧客対応で決まる!
相続の相談から倍の単価で受任するための提案手法を徹底解説!

▶職員の採用・教育でお悩みの方必見!
案件獲得数を増やし、事務所を成長させるための人材育成と体制の構築手法
続きを読む

プロフィール

池内 宏征氏

司法書士法人リーガルエスコート 代表司法書士
2013年に大阪市西区京町堀で開業。遺産整理業務をはじめ、相続案件や生前対策などを積極的に受任している。2016年から本格的に民事信託に取り組み、3年で60件の信託案件を受任。 開業から6年で職員11名(司法書士5名、スタッフ6名)にまで急成長している。 会計事務所、金融機関、不動産会社、保険会社向けにセミナーを多数開催しており、幅広い外部ネットワークを構築している。