【動画】事務所拡大のための新規獲得事例公開セミナー ~弁護士編~ 動画

セールスが得意な弁護士が語る、新規顧客獲得手法とは?

たとえ弁護士などの士業であっても、営業力・マーケティング力が問われ、仕事を獲得できる事務所だけが生き残っていける近年。
そんななか、サラリーマンから行政書士、そして弁護士へと転職し、自らのセールス(営業)力で顧客を開拓し続けて、独立するまでに至った人物がいます。
それが、今年初めに弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所を開設した小野智博氏です。
セールスを得意としている氏の原点には、学生時代に携わった家庭教師セールスのアルバイト経験や、行政書士時代に培ったセールス手法があります。
氏によると、顧客を獲得する手法は、家庭教師の営業手法、行政書士としての営業、弁護士としてのセールス手法でそれぞれ異なるといいます。
今回のセミナーでは、氏の経歴をもとに新規顧客を獲得するための営業手法を、以下のような切り口でお話いただいています。

・自分にとっての営業の原点
・サラリーマンから行政書士へ
・行政書士実務と営業スタイル
・弁護士実務とシリコンバレー式営業手法
・東京及び海外への進出支援業務
・内部営業マンを活かした製販分離の仕組み作り
・地方中小企業向けの差別化戦略
・セミナー経由での集客から成約に繋げるアプローチ

また現在、小野氏が徹底的にセールス成果を上げるためにとっている手法は、セミナー営業だといいます。

「私は、セミナーのオファーをいただいたら絶対にやりますし、その場合はお金もいただきません。セミナーは、ネットワーキングの機会でもあるし、そこで知り合った方と一緒に仕事ができる可能性を常に追求したいと思っているからです」

同講演では、セールス・マーケティング・顧客を増やすということについて、士業がどのように考えたらいいのか、自身の経験を元にお話いただいています。
ご事務所の営業スタイルを見直したい方は、ぜひお役立てください。
 

弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所 共同代表弁護士 小野 智博(おの ともひろ)氏プロフィール

弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所
共同代表弁護士
小野 智博(おの ともひろ)氏

慶應義塾大学環境情報学部、青山学院大学法科大学院卒業。2008年に弁護士としてユアサハラ法律特許事務所に入所。2012年に米国カリフォルニア州に赴任、Yorozu Law Group、及び Makman and Matz LLPにて、米国に進出する日本企業へのリーガルサービスの経験を積む。2014年に帰国、ユアサハラ法律特許事務所に復帰。2017年にTandemSprint,Inc.代表取締役として就任後、今年初めに弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所を開設した。