【税理士替えたい110番】説明もなくなんでもかんでも経費に仕訳するので心配です! 記事


顧問先の不満の声から、契約解消を防ぐヒントを紹介。
今回は、説明なく何でもかんでも経費に回してしまったために起きたトラブルです。

 

顧問先にきちんと説明して不安を解消してますか?

5年前に一般社団法人を立ち上げて、働く子育て世代の支援の一環で
セミナーやチャリティなどを開催する事業を夫婦で行っています。
夫が理事長で私が代表を務める、職員5人の小さな規模の組織です。

昨年まで依頼していた会計事務所が廃業してしまったので、
今年に入ってから、別の事務所に顧問をお願いすることにしました。
その先生とは、実は昔からの顔馴染み。
地元が同じで夫婦でよく飲みにも行きました。
気心が知れているのは良いのですが、少し気になる部分があって
「知り合いに頼むんじゃなかったな……」と、契約したことを少し後悔しています。
なので、契約を更新するか悩んでいるんです。

その先生は、社用車として新しく購入した代金に加えて、
夫の衣類、私の美容院代なども経費として計上できると言いました。
「少しでも納税額が抑えられるなら……」と思って了承したのですが、
それ以降、事前の相談もなく経費として何でも計上しているのです。
本人は「大丈夫。任せてよ」というだけで、きちんと説明してくれません。
また、説明してくれたとしても難しく、理解できずにいると、
「だから任せてくれれば良いんだって」とこちらの不安を他所に取り合ってくれないのです。

会計の知識がないため、前年度と比べて明らかに経費が高くなっている状態で申告したら、
「税務署に目をつけられるんじゃないか」と、心配になっています。
いくら気心が知れているとはいえ、説明もなく、
私の理解も追いつかない状態で先走られる先生では、安心してお任せできなくて困っています。



 

お客様の声を吸い上げる仕組みをつくりましょう

〝もともと知り合いだったから〟といった理由で契約したお客様は、
気心が知れている分、顧問事務所に言い出せない不満を抱えている場合があります。
そして、不満が噴出したときには、プライベートでの関係にまで亀裂が入ってしまったりと、
トラブルに発展してしまう恐れもあります。
知り合いとはいえ、サービス業だという感覚を常に持つことが大切です。
定期的に悩みや、気になることはないか聞いてみたり、
満足度調査アンケートを行う、事務所全体としてのお客様相談窓口を設けるなど、
お客さんの声を吸い上げ・還元することのできる仕組みをつくることもポイントです。


※月刊プロパートナー2020年9月号より抜粋

いかがだったでしょうか?
『月刊プロパートナー』2020年9月号では
士業事務所の新人育成術について
研修制度がうまくいく3つのヒントを紹介しています。


『月刊プロパートナー』のバックナンバーも読み放題のプレミアム会員 14日間無料体験なら
その他様々な記事もお楽しみいただけます。
ぜひご事務所の経営にお役立てください。

▼月刊プロパートナーバックナンバー読み放題はこちらから▼

プロフィール

鶴見 志歩紀

株式会社アックスコンサルティング
東海・北陸エリア コンサルタント