国際租税課の専門家が“国際課税とタックスヘイブン”を徹底解説 PR

大蔵省(現財務省)主税局の国際租税課で、租税条例やタックスヘイブン対策税制に係る国際課税の企画立案に従事した辻・本郷税理士法人の渡邉勲氏が、平成29年度に改正された合算税制から、特に注意すべき点を解説しています。

プロフィール

渡邉 勲(わたなべ いさお)氏

辻・本郷税理士法人 税理士

大蔵省(現財務省)主税局の国際租税課で、租税条約やタックスヘイブン対策税制等に係る国際課税の企画立案に従事し、その後東京国税局の調査部では、特官、統括官として外国法人等の調査に従事した。税務大学校の研究部主任教授、訟務官、税務署長を経て、平成26年9月に税理士登録。