宅地評価実務の要点・相続キャッチアップ講座第1講 1/2 動画 PR

相続初心者が最初にぶつかる壁と言われる『宅地評価実務』の要点を網羅


相続税額を計算するには、まず対象となる相続財産にどれくらいの価値があるのか、
その価額を割り出す必要があります。相続財産のうち、大きな割合を占めるのが宅地。

宅地評価は相続実務の基本中の基本です。

宅地評価の実務のポイントを押さえれば、相続実務は安心と言ってももいいでしょう。

当動画講座は、相続関連の実務にまだあまり慣れていない税理士、会計事務所を対象に、相続初心者が最初にぶつかる壁と言われる「宅地評価実務」の要点を網羅。
いざ実務にあたる際のポイントを学べます。

これから相続に力を入れたい税理士先生や、「相続は所長だけ」という会計事務所の職員教育に最適です。

 

主な内容

1.相続税・贈与税における評価のあらまし
2.時価について
3.評価単位(評基通7-2)
4.路線価方式(評基通13)
5.奥行価格補正(評基通15)
6.側方路線影響加算(評基通16)
7.二方路線影響加算(評基通17)
8.不整形地の評価(評基通20)
9.間口狭小・奥行長大(評基通20-3)
10.倍率方式(評基通21)
11.倍率方式による評価(評基通21-2)
12.私道(評基通24)
13.セットバック(評基通24-6)

この動画はオンラインショップBiscoにて販売しております。

 

『宅地評価実務の要点・相続キャッチアップ講座第1講』詳細

商品名:宅地評価実務の要点・相続キャッチアップ講座第1講
製作年月:2015年02月
仕様:DVD1巻(約130分)+添付資料
価格:16,200 円 (税込)

プロフィール

金井 義家氏

株式会社Ksプライベートコンサルティング 代表取締役 公認会計士・税理士・中小企業診断士

1973年生まれ。1996年早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。同年株式会社北海道拓殖銀行入行。1998年東京都入都。1999年中小企業診断士登録。2003年新日本監査法人入社。2007年公認会計士登録。2009年税理士法人タクトコンサルティング入社。同年税理士登録。2011年株式会社三井住友銀行プライベートアドバイザリー部出向。2012年株式会社野村證券出向。2014年現在の事務所を設立。