現在、お知らせはありません。

会計事務所の働き方が変わる!? クラウド会計ソフトとストリームドで業務効率をアップさせる!

会計事務所の働き方が変わる!? クラウド会計ソフトとストリームドで業務効率をアップさせる!!

クラウド会計ソフトが出る以前から、Googleなどのクラウドサービスを利用し、顧問先とのやり取りをしていたという泉部充税理士事務所の泉部充税理士。
クラウド会計ソフトを利用することでより効率よく働けるようになっただけではなく、最近では、ストリームドの利用で業務効率が格段にアップしています。
今回は2つの業務効率ツールを導入したメリットについて、泉部氏にお話を伺いました。

 

場所を選ばず複数ユーザーが同時に作業が可能

クラウド会計ソフトがリリースされる以前からお客様とのやりとりにはGoogleを使って情報共有をしていたので、クラウド会計ソフトを使うことに抵抗はありませんでした。

それまでもスプレッドシートで会計ソフトっぽいものを作って、そこに入力してもらっていました。
ただ、容量が増えてくると、それだけで管理するのは難しくなり、そうしたタイミングでクラウド会計ソフトの話を聞き、使うようになりました。

今でも、預金出納帳や経費精算書などをスプレッドシートで作り、お客様と共有しています。
お客様にはそこにどんどん入力してもらって、私の方でそれを会計データとしてクラウド会計ソフトに取り込んでいます。
自計化と記帳代行の中間のような形です。

他のクラウド会計ソフトも触ったことはありますが、会計ソフトっぽくないものもあり、使い勝手はあまりよくないですね。
やはり会計ソフトに慣れ親しんでいる人間からすると、かえって使いづらい感じがします。

ローカルで動かす分には、弥生会計などのソフトのほうが使いやすさも感じます。
しかし、クラウドのメリットはインターネット環境があれば、ブラウザを選ばず、どこでもできることです。
事務所や自宅でも見ることができます。
また、複数ユーザーが同時にアクセスできます。
クライアントやスタッフが作業している最中でも、離れた環境にいても同時に作業ができるので、これがすごく使いやすいですね。
それがクラウドのメリットだと思います。

常に最新の情報なので確認作業が大幅に軽減

お客様で、試算表を出力したいという問い合わせがあったときでも、同じ画面を見ながら指示することができるのは非常に楽ですね。

クラウド会計ソフト以外のパッケージ型の会計ソフトの場合は、お客様が試算表を欲しいと言った場合、PDF出力をしてメールで送っていました。
修正があったときには必ずメールでお送りしているのですが、お客様の中には、どれが最新版かわからなくなってしまい、クレームになってしまうこともありました。
ですが、今ではクラウド会計ソフトの画面を開いてもらえば最新版をダウンロードできるので、そうした間違いもなくなりました。

お客様としても、電話をしながら見てくれているという安心感があるようです。
 

ストリームドの利用で業務効率が格段にアップ

ちょっと前までは、領収書を郵送してもらい、スタッフがデータを入力していました。
しかし、今年の確定申告時期からストリームドを使い始めたのですが、それからはスキャン、スキャン、スキャンです(笑)。
スキャンするだけでデータを管理することができるので、とても効率がいいですね。

お預かりした原始証憑を夕方にスキャンすると、翌朝には仕訳までされたデータができ上がっていて、あとはCrewに取り込む。
寝ている間にデータができ上がっているので、小人が働いてくれているような感覚です(笑)。
しかも、かなり精度が高い。
ストリームドを使わなければ、今年の確定申告はパンクしていたと思います。

これまでは1日かかっていた領収書の入力が、30分でスキャンまで終わるので、1人分の人件費が浮いています。
資料を集めれば、あとはスキャンをするだけです。
そこに簿記の知識やスキルは必要ありません。
最後にチェックをする人がスキルを持っていれば十分です。
今後は、会計事務所の働き方や存在意義が変わってくるのではないでしょうか。

今後、領収書の保存もPDFでできるようになっていく動きになってきています。
そういう意味でもスキャンをして仕訳までできるのであれば、ストリームドに追い風が吹くと思います。

IT系の会社はMacを使っていることも多いですし、これからはクラウド会計ソフトの導入を増やしていこうと考えています。



クラウド会計ソフトのおすすめポイント 

  • ブラウザを選ばず、複数ユーザーが同時にアクセスが可能
  • 確認作業が画面上で簡単にできる
  • ストリームドを使えば、夕方にスキャンをすれば、翌朝にデータ化
 

プロフィール




UASG泉部充税理士事務所(東京都港区)
所長・税理士
泉部 充(いずみべ みつる)氏

TAX BarというBarスタイルの事務所を構え、本音で経営の話ができる空間が好評を得ている。
UASG泉部充税理士事務所ホームページ http://uasg.izumikaikeisha.jp/
関連コンテンツ