税理士事務所が紹介を獲得するポイント 記事


こんにちは!アックスコンサルティングの藤尾です。
今日は税理士事務所のマーケティング手法についてお伝えします。

税理士事務所のマーケティングの種類は大きく分けて2つあります。
一つがBtoCマーケティング。
要はHPやDMなどから直接経営者の方々を集客するもの。
もう一つがBtoBマーケティング。
これは他士業や金融機関などからお客様を紹介してもらうマーケティング手法です。

特に最近ご相談として多いのが、人脈づくりとして交流会などには参加しているが、
そこで知り合った人達から「一向に紹介が来ない」という悩みです。

ご紹介をもらうポイントは以下です。
逆を言えば、以下のポイントができていなければ紹介をもらっていくのは難しいです。

1.過去名刺交換をした人達をリスト化(データベース管理)し
2.継続的に接触をしているか

です。

紹介が増えない、来ないという先生方に多いのが
せっかく交流会に出て名刺交換をしたのに、
その後名刺は机の中にしまったままで、継続したアプローチを行っていない
というパターンです。
非常に勿体ないですよね…。

私のご支援している先生の中には、開業わずか半年足らずで
月5~7件のご紹介で増客しているご事務所があります。
行ったことといえば、上記2点を事務所の土台として紹介データベースを構築し、
定期的に接触しているだけです。
(もちろん、手間をかけないで紹介を誘発するよう上手く戦略を立てています)

いかがでしょうか?

今一歩踏み込んだ活動をするだけで全く違った結果を生みます!
少しでもこのブログを読んで興味を持っていただけましたら、
一度弊社にお問合せくださいね。

プロフィール

藤尾 竜馬(ふじお りょうま)

株式会社アックスコンサルティング 大阪支社
経営支援事業部 コンサルタント

2015年アックスコンサルティングに入社。
一般企業でのコンサル業を経て、現在、士業事務所向けに売上アップを支援。
「親身なサポート」を心掛け、年間300件以上の士業事務所を訪問し、サポートに励んでいる。