士業事務所が見落としがちなリスクマネジメントをプロが解説! 記事 PR



未来に起こるかもしれない、事務所を脅かすリスク。
しかし、起こるかどうかがわからないため、対策をしている「つもり」になってしまうのが
リスクマネジメントの怖さです。
あなたの事務所の対策は万全でしょうか?


 

目的共有と優先順位が重要

限られたリソースを有効活用する対策を!

リスクマネジメントを簡単に言うと、〝リスクを認識して、必要な対策を打つこと〞です。

リスクの認識から対策までは、4ステップに分けられます。
まず、自社にとってのリスクを洗い出す 「リスク特定」
次に、リスクの大きさを算定する 「リスク分析」
分析結果をもとに対応の優先順位をつける 「リスク評価」
そして、対策を決定する 「リスク対応」
リスク特定・リスク分析・リスク評価をまとめて「リスクアセスメント」と呼びます。

リスクアセスメントの目的は、〝限られた時間と資源を有効活用すること〞です。

リスクは無数にあり、すべてに対応することはできません。
まずは、事務所にとって何が大事かを考えることからスタートします。

ところで、大企業でも、
リスクマネジメントの専門部署がある企業は多くありません。
それは、リスクマネジメントが〝重要だけれど緊急ではない〞からです。

人的リスクで言えば、「人材不足で将来の競争力が失われることはわかっているが、
今日明日で何か起こるわけではない」ということですね。
さらに、取り組んでも従業員の評価や給料に直結しづらいことも要因です。

では、誰が一番力を入れてやるべきかといえば、やはり経営のトップです。
経営層が熱意を持って取り組んでいる姿勢を見せることが必要なのです。

とはいえ、リスクマネジメントは、熱意だけあっても空回りしてしまいます。
誰が、いつ、どのように行い、その進捗を誰が確認し、見直すのか。

体系的な仕組みをつくり、継続的に実行しなければ意味がありません。
それには、「何のためにやるのか?」を決めて共通認識を持つことです。

例えば、
事務所が潰れないために行うのか、
小さい事故まですべて潰しておきたいのか、など。

リスクマネジメントを成功させるには、事務所にとっての優先事項を絞り込み、
限られたリソースで対応できる対策を考えることが重要です。


リスクマネジメント4ステップの流れ

※月刊プロパートナー2018年4月号より抜粋

事務所のリスクを「見える化」するための
「リスクマネジメント入門」ワークシートも以下のページよりダウンロードいただけます。
▼詳細はこちら▼
https://znews-online.com/accs/user/movie/watch.php?c=MzYw&stid=1&m=1&ct=22&sct=3&v=519&mk=2

※ダウンロードには会員登録が必要です。

上記「リスクマネジメント4つのステップ」の詳細内容につきましては
月刊プロパートナーのバックナンバーも読み放題のプレミアム会員 14日間無料体験より
ご登録いただいた方々限定でお読みいただけます。
今すぐこちらの記事の続きを読んで、ご事務所の経営にお役立てください。


▼月刊プロパートナーバックナンバー読み放題はこちらから▼
https://znews-online.com/accs/user/movie/watch.php?c=MzYw&stid=1&m=1&ct=25&sct=3&v=1291&mk=2
 

プロフィール

勝俣 良介氏

ニュートン・コンサルティング株式会社
取締役副社長/プリンシパルコンサルタント


早稲田大学卒。オックスフォード大学経営学修士(MBA)ITセキュリティスペシャリストとして活躍後、2001年に渡英。Newton ITに入社し、セキュリティビジネスを担当。2006年、リスクマネジメントに特化したニュートン・コンサルティング株式会社を設立。【著書】『世界一わかりやすいリスクマネジメント集中講座』(オーム社)