「働き方改革」労働力の確保と人材育成が重要 記事

「働き方改革」労働力の確保と人材育成が重要

士業にまつわるニュースをピックアップ!
今回は「働き方改革」によって変化した市場をご紹介。
生産性を向上させ継続的に経済を発展させることを目的とした改革ですが、士業の目線でできる施策は何か考えてみましょう。

 

生産性向上を阻む要因は何か分析すべし

政府が2016年9月に『働き方改革実現推進室』を設置し、改革を提唱して1年以上が経ちました。
この背景に労働力不足が挙げられるのは、既知の事実でしょう。
まず、日本における就業者の労働生産性について国際比較します。

日本の時間あたりの労働生産性(就業1時間あたりの付加価値)は、46.0ドル(約5,146円)※2016年時点 。これは、アメリカの3分の2の水準にあたり、経済協力開発機構加盟35カ国の中で20位と低い結果でした。
また、1人あたりの労働生産性(就業者1人あたりの付加価値)は81,777ドル(約914万9000円)で、イギリスやカナダをやや下回ります。
続きを読む