士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

クラウド会計を使うことで驚くほど自計化が楽になった!?インストール型の会計ソフトとの違い 記事


クラウド会計を使うことで驚くほど自計化が楽になった!?インストール型の会計ソフトとの違い

「クラウド会計を使うことで驚くほど自計化が楽になった」と語るのは、神奈川県川崎市にある篠田税務会計事務所の篠田健一税理士。
従来のインストール型の会計ソフトを使っていたときと比べ、自計化のお客様とのやりとりが大きく変わったそうです。
今回はクラウド会計ソフト導入後のメリットについて篠田氏にお話を伺いました。
 

初期導入コストを低価格に抑える

独立後、初期導入コストがほとんどかからないことが魅力でクラウド会計ソフトを選びました。
他の会計ソフトだと、登録料がかかったり、とても高額なサーバー費用が必要だったりします。
管理系のソフトもGoogleを利用していますし、サーバーは一切置いていません。

お客様には、「うちでは会計ソフトはクラウド会計ソフトを使っています」とお伝えしていますので、ほとんどのお客様にクラウド会計ソフトを使っていただいています。

以前使っていたクラウド会計ソフトが使いづらく、クラウド会計に対してあまりいい印象を持っていなかったお客様がいたのですが、今回勧めたところ、不満もなく、スムーズに使っていただけています。

入力は他の会計ソフトと比べても遜色ないですね。
導入する前は、クラウド会計は処理が遅いのではないかという不安があったのですが、実際に使ってみると、それほど遅さを感じることはありませんでした。
入力後、登録ボタンを押すと、「登録中」という表示が出ますが、私はその間にチェックをしているので、ちょうど良いんですよね。

もし、他の会計ソフトでの入力に慣れている人であれば、スピード仕訳入力機能も使えるので、便利だと思います。
続きを読む