士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

クラウド会計ソフトなら会計事務所だけなく顧問先の業務効率を上げられる! 記事

会計事務所だけなく顧問先の業務効率を上げることができる

及川健太氏(及川総合会計事務所 代表 税理士・社会保険労務士・行政書士)は、クラウド会計ソフトを導入し、事務所と顧問先、双方の業務効率化を図っています。
具体的にどんな効果やメリットがあったのか、会計事務所や顧問先の業務にどのような変化があったのか、代表の及川氏にクラウド会計ソフトを導入したきっかけや魅力について、お話をお伺いしました。
 

データ共有の便利さを感じクラウド会計ソフトの導入を決意

クラウド会計ソフトは前々から導入したいと考えていました。
お客様と会計データのやり取りをメールでしなくていいのは、便利ですからね。

以前使っていたインストール型のソフトだと、事務所側で決算処理をしている間、お客様は記帳できませんでした。
日々お客様の会計数字は進んでいるのに、入力してもらえないのが申し訳なかったです。
クラウド会計ソフトだと事務所側と顧問先側が同時に作業できるので、お客様が決算中に待つことはありません。

クラウド会計ソフトの存在を知らないお客様は案外多く、その方たちに会計データの共有が常にできることを伝えると、反応がいいですね。
お客様は「常に見てもらえているから安心だ」と感じるのでしょう。
クラウド会計ソフトは契約率を上げるツールとして、面談で活躍します。
 
続きを読む