士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

業務効率化や作業ミスの削減を考えるとこれから独立開業する税理士はクラウド会計を導入するべき 記事


シルスフィア税理士事務所は、開業当初からクラウド会計の導入を積極的に行っています。
クラウド会計ソフトが必要だと感じた理由などについて、代表の稲葉孝史税理士に話をうかがいました。
 

クラウド会計ソフトの操作画面はプロも素人も使いやすい

独立開業したときに、クラウド会計ソフトは必ず導入しようと決めていました。
というのも、従来型の会計ソフトは紙ベースで渡すか、データのインポートとエクスポートをしないと、会計データを共有できなかったからです。
クラウドだとお客様とデータのやり取りをしないので、不要な時間がかかりません。
またデータの出し入れが少なくなり、作業ミスの減少にもつながります。

クラウド会計ソフトを利用している当事務所のお客様の半分は自計化をしています。
記帳代行も請け負っているのですが、人件費がかかるので自計化よりも高い値段を設定しております。
ですので、「会計についてあまりわからないが、会社を立ち上げたばかりなので、コストをできるだけ抑えたい」という方が自計化を選ばれます。

クラウド会計ソフトをお客様に提案すると、ほとんどの方が「やります」と言ってくださいます。
導入の提案でつまずくことはまずありません。

むしろ、「税理士とのやり取りがスムーズにできるから、クラウド会計ソフトを導入したいです」と自ら言ってくれるお客様も少なくありません。
事前にインターネットでクラウド会計ソフトを調べてきているのでしょう。

「クラウド」という言葉は一般の方にも浸透しており、クラウド会計ソフトのセキュリティに対する抵抗はないと感じます。
続きを読む