士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

経営者へ効果的に「事業承継」の重要性をPRするには? 記事



2016年2月に発表された中小企業庁の「中小企業の事業承継に関するアンケート調査」によると、経営者の平均引退年齢は中規模企業で67.7歳、小規模事業者では70.5歳となっています。
東京五輪が開催される2020年には数十万人の「団塊経営者」が引退時期を迎えます。
今回は中小企業経営者が頭を悩ませている「事業承継問題」についてご紹介します。

 

なぜ、業績が良くて将来性があっても、廃業するのか?

中小企業経営者にとって事業承継は、最後の一大プロジェクトであり、難易度がとても高い状況。
経営者はなかなか事業承継に手をつけず、「子供が継がない」「後継者が見つからない」「商売の先行きが不透明」などの理由をつけて、自分の代で廃業してしまうのです。

この事業承継問題を裏付ける統計があります。


グラフ1 後継者の決定状況について(%)


グラフ1は60歳以上の経営者の企業の「後継者の決定状況」を示していて、なんと50%の企業が廃業を予定しています。
特に個人事業者においては、約7割が「自分の代で事業をやめるつもり」と回答しています。
続きを読む