士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

飲食業経営者から社会保険労務士へ!経験ゼロから医科・歯科に強い事務所に成長した秘訣とは!? 記事

飲食業経営者から社会保険労務士へ! 経験ゼロから医科・歯科に強い事務所に成長した秘訣とは!?

飲食業の経営者から社会保険労務士へと転向をした市川孝友社会保険労務士。
今では歯科に強い社会保険労務士として名古屋を中心に活躍しています。
今回は飲食業経営者から社会保険労務士になった理由や医科・歯科の分野の顧問先を増やした秘訣についてご紹介します。

 

飲食業経営者から社会保険労務士へと転向

自ら飲食業の経営者として、いかにお客様を獲得し、喜んでもらえるか、その経験が、他の社会保険労務士との大きな違いであり、市川氏の武器となっています。

異色の経歴を持つという表現がこれほど当てはまる社会保険労務士もそうはいないでしょう。

市川氏は高校を卒業後、カナダに2年間留学したのちに、ガス会社に就職。
大変な仕事ではなかったが、逆にそれが将来の不安となって、5年半で退職します。
2年間、日本からロンドンまで、ユーラシア大陸を横断する旅に出ました。

帰国後、飲食事業を始めると、これが当たり、月の給料が300万円を超えるなど、名古屋地区で数店舗を持つまでに成長。
しかし、リーマンショックのあおりを受け、店舗を減らさざるを得ない状況に。
そして32歳のときに社会保険労務士試験の勉強を始めました。

「従業員も雇っていましたし、その当時は年金について問題があったころです。
そういうことに興味があり、気になったことはすぐにやってみる性格なので、社会保険労務士の試験を受けようと思いました」

飲食店を営む傍ら、開店前や空いている時間はすべて勉強にあてたといいます。
その結果、わずか8ヵ月で、社会保険労務士試験に合格。
そして、その2年後、開業に踏み切りました。
 
続きを読む