士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

【エクラ通信】非居住者相手の不動産取引は要注意 記事


エクラ通信0108

個人や法人が非居住者から土地や借地権などの権利、建物、付属設備などを購入し譲渡対価を支払う場合には、原則として所得税等の源泉徴収をする義務が生じます(所得税法212条)。

最近は人の動きがグローバル化し、一見「居住者(国籍を問わず日本に居住している方)」に見える「非居住者」がいるようで、不動産取引の際にトラブルが生じることがあります。
続きを読む