士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

年間1,500件の助成金申請が集まる4つのポイントとは?他の追随を許さない助成金特化ノウハウ 記事

「他の追随を許さない助成金特化ノウハウ」年間1,500件の助成金申請が集まる4つのポイントとは?

「毎日3~4件はコンスタントに助成金を申請しています」と語る田中實社会保険労務士は、年間トータル1,500件もの申請を手掛けています。
なぜ、そこまで多くの助成金案件を扱えるのでしょうか。4つのポイントについて、お話を伺いました。


 

「スポット契約」「顧問契約」を顧客に選んでもらう

田中氏が年間1,500件の助成金を申請できる4つのポイントは以下のとおり。
 

ポイント1:営業活動

田中氏の営業活動の核は、保険会社主催セミナーでの講演にあります。
セミナーには毎回40~50社、多いときは200社近い中小企業社長が集まっています。
セミナーに参加した参加者からは『ぜひ手続きしたい』と言われています。

さらに保険会社以外にもトラック協会や商工会議所等にもコネクションを築き、「間接営業部隊」としている営業マンは約500人
1人当たり半年に1回の紹介で、毎日3~4件の新規紹介になっています。

田中氏が間接営業部隊のネットワークを築く際には「相手にメリットを理解してもらう」ことに努めているそうです。
いくら「メリットがある」と言うだけでは、相手は理解しません。
メリットを全部わかりやすく説明することではじめて、相手は理解して「紹介」という行動を起こしてくれるのです。
 

ポイント2:顧問契約

田中氏は助成金の契約について、2つの選択肢を顧客に与えています。
それは「スポット契約」「顧問契約」です。

スポット契約の場合、前金なしの完全出来高制を敷き、助成金額の30%を報酬としていただきます。
顧問契約の場合、助成金額の10%を報酬として、別途毎月の顧問料をいただくきます。
多くの顧客が顧問契約を選ぶとのこと。

「たとえば、1,000万円の助成金の場合、スポットだと300万円いただきます。
一方、顧問契約にすると、顧問料が月額最低5万円で年間60万円。1,000万円の助成金なら、10%にあたる100万円を別途
いただき、合計で160万円です。
顧問契約のほうが社会保険等の手続きや労務相談もできるのでお得です。
しかし、顧問契約は契約してすぐに毎月の顧問料が発生し、資金繰りが厳しくなることもあります。
一方、スポット契約の場合、助成金が下りてから報酬を支払うので、資金繰りは問題ありません。
お客様の実情に合わせて選べるようになっています」
 
続きを読む