士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

税理士が経営コンサルティングで成功するには? 記事

税理士が経営コンサルティングで成功するには?

税理士は“税金のプロフェッショナル”であるため、企業と顧問契約を結んだ場合は、その企業の税務・会計を全て引き受けることにもなります。
そうすると、その企業の懐を最も理解する経営コンサルタントとして、経営に関するアドバイスを求められることがあります。

今回は、税理士にとっては自身の知識や能力を活かすチャンスにもなるこの“経営コンサルティング業務”について考えていきます。

 

税理士に求められるコンサルティング業務

税理士法第二条によると、税理士が行うことのできる“独占業務”は以下の3つです。

1.税務代理

2.税務書類の作成

3.税務相談


そのため、個人事業主や企業から依頼を受けた税理士は、書類作成や代理申告、税務相談に対応し、法人税や所得税、住民税などの処理を行います。
こういった独占業務以外で税理士が行うのが、コンサルティング業務です。
しかし、税理士の業務とコンサルタントの業務は全く異なるものであり、コンサルティング業務の内容には大きな幅があります。

 
続きを読む