士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

Webマーケティングで顧客拡大!年間700件の相続を受注するWeb活用術 記事



相続の分野で一躍有名となった税理士法人チェスター。
設立当時からWebマーケティングに注力し、年間700件もの案件を受注しています。
Web上でマーケティング競争が激化している今、“選ばれるサイト”を作るには何をすればいいのでしょうか。
税理士法人チェスターの代表を務める荒巻善宏氏に解説してもらいます。


 

見た目だけではダメ コンテンツの充実で勝負を

士業にとってマーケットが広がることは、法律の改正以外あり得ません。
2年前の税制改正で相続税の基礎控除が4割下がったことにより、課税対象者が急増しました。
国税庁の発表によると183%も増加したようです。
ただ、課税対象者が増えたことよりも大切なことがあります。
それは、この事象をメディアが取り上げたことです。
多くの人が相続に目を向けるようになり、「自分は相続税を払わないといけないのか」ということを調べるようになりました。

今の時代、自分で物事を調べようとしたときに使うのは、もちろんインターネットです。
私は積極的にWebマーケティングを行ってきました。
そのおかげで、今の相続案件数につながったのでしょう。
 
続きを読む