士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

ホームページから月25件の問い合わせを獲得!会社設立の競争激化を危惧し決算申告のホームページを制作 記事

ホームページから月25件の問い合わせを獲得 会社設立の競争激化を危惧し決算申告のホームページを制作

1994年、虎ノ門合同事務所内に開業した田邊敏彦税理士事務所。
開業当初、代表の田邊敏彦税理士は、顧問先や友人の紹介から新規開業の案件を獲得していました。
しかし、現在はホームページからの決算申告の問い合わせが増加しているといいます。
なぜ会社設立から決算申告にシフトされたのか、どのようにしてマーケティング活動を実施されたのか、お伺いしました。

 

税理士法改正を機にホームページを開設

田邊氏は、以前勤めていた事務所の所長から「私の事務所内で開業するといいよ」と言われ、1994年に虎ノ門合同事務所内に田邊敏彦税理士事務所として独立開業しました。

開業当初は、顧問先や友人からの紹介により、新規顧問先を獲得し、事務所の売上を順調に伸ばしていました。
しかし、2002年の税理士法改正を機に、その成長速度が鈍り始めたのだといいます。

「開業してからの20年間は、紹介案件をメインに新規開拓をしていました。
5~8年ぐらいのお付き合いが続けば、自然と顧問先から紹介をもらえるようになっていましたね。
ただ、税理士法改正により、税理士業界は大きく変わりました。
広告などのマーケティング活動に力を入れる事務所が増えてきたのです。
ほかの事務所の勢いに押され、紹介件数は少しずつ減っていきました」

売上が低迷する中、田邊氏が考えた施策は、ホームページ制作でした。
ホームページは、当時紹介案件の8割を占めていた会社設立を前面に押し出しました。
 
続きを読む