士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

開業2年目で売上1億2,000万円!システム自社開発で手続き漏れを防止 記事

開業2年目で売上1億2,000万円に到達 自事務所でシステムを開発し手続き漏れを防止する

村田社会保険労務士事務所では、システムエンジニアを職員として雇い、手続き業務や助成金の申請、給与計算を顧客別に管理できるシステムを開発しました。
なぜ自事務所でシステムを開発しようとしたのか、その経緯について代表の村田吉典氏にお伺いしました。

 

人的ミスをなくすために業務管理システムを開発

社会保険労務士の根幹業務である社会保険や労働保険の手続き。
この手続き業務が最も重要だと村田氏は言います。
手続き業務をおろそかにする社会保険労務士は、顧客から信頼を獲得できないからです。

しかし、手続きのプロである社会保険労務士でも、顧問先を多く抱えているとタスク漏れが起きてしまう可能性があります。
村田氏はこのような人的ミスを少しでもなくすために、業務管理ができるシステムを導入しようと考えました。
ただ、市販の社会保険労務士向けのシステムは発展途上のものが多く、村田氏が満足するシステムは見つかりませんでした。

前職がシステムエンジニアだった村田氏は、「ないなら自分で作ろう」と自事務所でシステム開発することを決意。
元同僚に声をかけ、社会保険労務士業務の管理ができるシステムを開発したのです。

このシステムは手続き業務だけでなく、就業規則の作成や助成金の申請も管理ができます。
村田氏が必ず付けなければならないと感じた機能は、手続き業務や申告業務の過程をスケジュールに落とし込めるものなのです。

「社会保険の手続きや就業規則の作成は、お客様から依頼があった日にすぐ行えるものではありません。
お客様に資料をそろえていただく必要がありますし、私たちも依頼を受けた日に時間が空いているかわからないですからね。
手続きや申請するまでのタスクを洗い出し、スケジュールに落とし込まないといけないのです」

システムに顧客の会社情報を入力すると、依頼を受けた業務のタスクが自動的にリストアップされ、スケジュールに登録されるしくみ。
職員は作成されたスケジュールに従って、業務を進めればいいのです。
労務の知識がない人でも入力できるので、人件費の削減にもつながります。

「このシステムのおかげで、他の事務所と比べ、2分の1の人員で業務を回せています」
と村田氏は語ってくれました。
 
続きを読む