士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

【私が税理士を変更した理由】クラウド会計を使いたいのですが「信用できない」と対応してくれません 製造業広谷社長(仮名)の告白 記事

【税理士を変更した理由】クラウド会計を使いたいのですが「信用できない」と対応してくれません 製造業広谷社長(仮名)の告白
私は30年間、製造業を営んでいます。
経理はずっと家内に任せていたのですが、最近は年を取ったせいか、細かい数字を見るのが大変になったようです。
そこで、娘に経理を手伝ってもらい、代替わりしているところです。

顧問税理士は、創業時から付き合っているV先生。
70代後半で、帳票類や申告書等はすべて手書きで行っています。

家内もV先生と同じく、伝票類はすべて手書きなのでよかったのですが、娘はなんでもパソコンを使って処理しています。
「うちの経理もパソコンでやろうよ。今どき手書きなんて、やりにくい」と、私にこぼしてきました。

私は経理のことは全然分かりません。
なので、娘のやりたいようにやってもらえばいいと思い、すべて任せていました。
すると、娘はクラウド会計で経理をやってみたいと言い出しました。
娘曰く、費用が安く、処理が簡単でスピーディーとのことです。
それならいいのではと、私も賛成しました。

V先生が当社に来たときに、娘にも同席してもらい、クラウド会計を使いたい旨を話しました。
するとV先生が「そんな会計ソフト、信用できない。今まで通りでいいじゃないか!」と、即座に否定してきました。

一方、娘は「クラウド会計を使いたい!」と一歩も引きません。
対するV先生は「クラウド会計なんて、絶対やめたほうがいい。うちではやりません」と頑なに拒否。
2人の話し合いは平行線をたどりました。

V先生が帰った後、考えました。
時代が新しいテクノロジーに変化しているのだから、それを拒否するのはいかがなものかと。
娘と再度話し合って、V先生との付き合いをやめようと決心しました。

お願いです。
クラウド会計に対応してくれる会計事務所を紹介してください!
 

ここが要注意!

  • 会計業界以外の人のほうがクラウド会計への関心が高い
  • 新しいテクノロジーに対応できないと、解約されることがある

士業の先生とのコミュニケーションに関するご相談、エピソードを募集しています。
こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。