士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

【私が税理士を変更した理由】「解約したい」と伝えたら、嫌みと脅しで拒否する「脅迫会計事務所」が怖い! 食品卸経営 川栄社長(仮名)の告白 記事

【税理士を変更した理由】「解約したい」と伝えたら、嫌みと脅しで拒否する「脅迫会計事務所」が怖い! 食品卸経営 川栄社長(仮名)の告白

「川栄さんの会社、会計事務所にそんな高いお金を払っているの?うちはもっと安いよ」
 
社長仲間からこんなことを言われました。
当社も業績が苦しいので、もっと安く済む会計事務所があれば、そちらに替えたいと思いました。
そこで、現在付き合っている会計事務所に「解約したい」と連絡しました。
 
すると、普段は来ないP税理士が次の日にやってきました。
「川栄さん、今までおたくに税務署の調査が入らなかったのは、うちがしっかりしていたからだぞ。高いとか言っているけれど、値段にはしっかり理由があるんだ」
 

こんな風に恩着せがましく言ってきました。
「今の料金よりも安い税理士なんて、処理が適当に決まっている。いつか税務署が来て、がっぽり持っていかれるぞ!」
 
そうはいっても料金が高いのが、負担なので、そこを何とかしてもらおうと思っているのに、まったく聞く耳を持ちません。
 
同席していた担当者のLさんは、普段に増して怖い顔立ちで、P先生に続いてすごんできました。
「解約して、おれの顔に泥を塗る気か!ふざけるな!!」
「解約すると言っても、過去の資料は絶対に渡さないぞ!」
 
これでは永遠に解約できないではありませんか。
まるで脅迫です。横にいた妻は震えていました。

 
翌日になったら、Lさんから電話がかかってきました。
「どうだ、気が変わったか?とにかくうちにしておけば間違いないんだから。こちらが資料を渡さない限り、解約なんてできないからな!」
 
こんな脅迫ばかりしてくる怖い会計事務所とは、一刻も早く縁を切りたいです。
お願いです。円満な関係を築けて、何でも対等に言い合える会計事務所を紹介してください!
 

ここがトラブル解決のポイント
・解約を希望してきたら、まずは話を聞いて、できるだけ素直に受け入れよう
・お客様を脅す言動は言語道断

士業の先生とのコミュニケーションに関するご相談、エピソードを募集しています。
こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。