士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

【私が税理士を変更した理由】アポを取っても病気でドタキャン! 当社の事業承継を見届けられるか心配です。専門商社経営 大家社長(仮名)の告白 記事

【税理士を変更した理由】アポを取っても病気でドタキャン! 当社の事業承継を見届けられるか心配です

「今月からPに代わりまして、新しく御社の担当になりましたLと申します。よろしくお願いします」
 
当社の顧問になっている会計事務所の担当者は、ころころ代わります。
長くても1年。人によって「当たり」だったり「ハズレ」だったり。
でも、どんなにいい人でも、慣れるのに時間がかかります。
「ようやく人間関係が築けてきたな」というときには退職してしまうこともざら。
なかなか込み入った相談まではできる雰囲気ではありません。
 
3年前に息子が他社での修行から帰り、当社に入社。
そろそろ事業承継について真剣に検討したいと考えています。
ですが、会計事務所の担当者はあてにならない。
所長のR税理士に相談しようと思うと、それも難しい状況です。
 
というのは、R税理士は80歳近く、最近は病気がちです。
「相談したい」とアポイントを取っても、当日になっていきなりキャンセルになることがたびたび。
電話をかけても体調不良で休んでいることが多いのです。
 
なんとかアポイントを取れても、その前日に「あれ? 今日じゃなかったっけ?」と勘違いで当社にやって来たことがありました。
そのとき私は留守で会えずじまい。こんなすれ違いが1年近く続いています。
 
R税理士は病弱で、担当者は頻繁に代わる。
このような状況で、当社の事業承継は大丈夫なのでしょうか?
 
もう決めました。R税理士に当社の事業承継を見届けてもらうのは無理です。
私もいつまでも働けるわけではありません。
息子に会社をバトンタッチする前の、まだ元気なうちに税理士を替えてしまおうと思います。
当社の事業承継を見届けてくれる、若くてバイタリティーあふれる税理士を紹介してください!

 
Attention
  • 担当職員が頻繁に代わるとお客様は不安に感じ、なかなか相談できなくなる
  • 少しでも健康上不安があるならば、事務所の事業承継について考えよう
 

士業の先生とのコミュニケーションに関するご相談、エピソードを募集しています。
こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。