士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

アディーレの弁護士たち 強面すぎる!石橋力弁護士 記事

短期集中連載『アディーレ法律事務所 5人の弁護士たち! Vol.4』 海外放浪、塾講師、IT企業……その先にたどり着いたもの。 強面すぎる弁護士 石橋力弁護士

大好評シリーズ第4回目は、どこから見ても強面すぎる弁護士、石橋力氏が登場!
バックパッカーとして海外を放浪、塾講師として子供達と接し、IT業務にも携わる。そして自宅の庭には漫画用の書庫を構える。まさに人間力の塊です!
 

写真をご覧いただければお分かりだろう。石橋氏は、泣く子も黙る強面である。
取材当日、「もし質問中に噛んでしまったら……」ペンを持つ編集者の掌は汗でびっしょり、カメラマンも震えが止まらず、取材場所となる会議室内はある種の異様な緊張感が漂っていた。
約束の時間を少しだけ過ぎた頃、石橋氏は現れた。見た目はまさにアウトレイジ。なのに、優しく暖かな空気を室内に漲らせ、一瞬にしてその場の雰囲気を変えてしまった。
どこまでも純粋に、自分の本能ともいえる興味を探求し続ける石橋氏の半生を、できる限り紐解いてみた。

「元々、考古学や歴史に興味があって、ずっと京都に住みたいと思っていたので、その想いを叶えるために大学は迷わず京都の大学に進学しました。
具体的な専攻に関しては、歴史分野の中でも政治にまつわる話が好きだったので、政治史をやりたくて法学部の政治学科を選択しました。スポーツをずっとやってきたので体育会にも所属しましたが、ある程度のお金がかかるので、塾講師のアルバイトをしていました。
“塾”は大まかには、進学塾と補習塾の二つに別れるんですが、私がアルバイトしていたのは補習塾の方なんですね。『まずは通知表オール3を目指そう! 学校の成績をあげよう!』という、まさに学校のカリキュラムを補習するための塾です」。

学生時代は勉強、体育会、そしてアルバイトに明け暮れ、ある程度のお金が貯まったら海外を一人旅。そんな生活をしていた石橋氏。就職活動はしたものの、卒業後もそのまま塾講師として働きながら、放浪を続ける日々。ところが、そんなフリーダムな日々に、ちょっとした転機が訪れたのだ。

「塾の講師を続けていると、目の前で頑張っている子供達の姿をたくさん見るんです。どこまでもひた向きに頑張る彼ら彼女たちを見ていたら、自分も新しいことを勉強したくなってきて……そこで、ネットワークエンジニアを養成する講座に通って、IT業務も行っている企業に就職しました。ところが、やはり海外に行きたくなってしまったんですね。1年働いた後、海外で働ける可能性のある進学塾を見つけ、東京に戻ってきました」。

 

ここまで石橋氏を魅きつけた旅の魅力とは?

続きを読む

プロフィール

石橋 力(いしばし つとむ)氏

弁護士

資格:弁護士
所属:千葉県弁護士会
出身:千葉県
出身大学:同志社大学法学部、日本大学大学院法務研究科