士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

“いつも通り”では見限られる!? 税理士が顧問契約を解除される要因とは? 記事



長期にわたって企業の税務顧問を担当している税理士が、ある日突然、企業側から顧問契約解除を宣告されることがあります。「今までと変わらない形でサービスを提供し続けてきたのに……なんで?」

今回は、そのような事態となる前に、“顧問先が契約を解除したがる要因”を探っていきます。

 

死活問題にもつながる税理士の乗り換え
その理由で多いものとは……?

経営者が事業を続けていくなかで顧問税理士を変更することは、あまり珍しい話ではありません。むしろ、事業が発展していくにつれ、税理士に求めることは変化していくため、その都度、最適なサービスを提供してくれる税理士に乗り換えていくことは、とても有効な手段だと言えるでしょう。

しかし、税理士からすれば、顧客が離れていけば、ゆくゆくは死活問題にもつながりかねません。
理由によっては仕方のない場合もあるかもしれませんが、自身の不注意によって招いた事故であれば、今後のためにも修正していきたいところです。

そこで、まず知っておきたい、経営者が税理士を変更した理由で多いものは以下の通りです。


経営者が税理士を変更した主な理由

・税理士の態度が悪い
・顧問契約料が高い
・レスポンスが遅い
・契約しただけで何も対応してくれない
・自社事業への関心がない
・契約先の税理士事務所が廃業した
・担当税理士が亡くなった
・経営者と税理士との年齢差があり、話が合わない
・手続きや会計処理でのミスがあった


上記の理由のなかで1つでも該当するものがあれば、気をつけましょう。

 

税理士変更のタイミングはいつ?

「担当税理士が亡くなった」など、物理的に変更せざるをえない状況を除き、顧問先が「税理士を変更しよう」と考え始めるタイミングはいつなのでしょうか?
そこで、税理士を変更しようと考え始めるタイミングはどんな時が多いのか、4つの例を見ていきましょう。
 

税理士を変更する4つのタイミング

1.税理士に対するニーズの変化

タイミングとして最も考えられるのが、経営者が当初求めていたサービスと、今求めるサービスが異なった時です。当然のことながら、事業を展開するにあたって、「経理担当が辞めてしまったので経理業務をアウトソーシングしたい」や、「経営が落ち込んでいるため的確なアドバイスがほしい」など、その企業のニーズは刻々と変化していきます。
続きを読む