士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

顧問先に嫌われないための、夏の服装ポイント 記事



6月に入り、梅雨のじめじめした季節がやってきました。そして気づけば夏も目の前に……。

夏といえばやはり気になるのは、“服装”ですよね。
冬であれば、大事な顧問先との面談や訪問でもしっかりとしたスーツやコートを着こなせば、それだけでも様になっていたけど、夏はスーツを着続けるには暑く、クールビズはどこまで許されるのかわからない……。
そんなふうにお悩みの方も実は多いのではないかと思います。
そこで、お客様に嫌われないための夏場の服装ポイントをご紹介します。

 

人は第一印象の5割以上を見た目で判断する

『メラビアンの法則』

1971年に心理学者のアルバート・メラビアンが発表した論文『メラビアンの法則』をご存知でしょうか?
初対面の人と会ったときの第一印象を、人はわずか3~5秒で判断しており、その多くが視覚情報から得ているというものです。

メラビアンの法則
つまり、初めての面談となるお客様に見た目の第一印象で嫌われてしまうと、その先の顧問契約締結は非常に難航するということです。

 

お客様に嫌われないために重要な服装マナー

そもそもお客様に嫌われない服装とは何でしょうか?
まず、「嫌われないためにはどうするべきか?」を考えるのではなく、「最低限のマナーを守れているか?」を考えた方がいいでしょう。
最低限のマナーとは、“清潔感のある格好”や“場に合った格好”をしているか、ということであり、一般的にそれを守っていれば相手を不快にさせるようなことはない、と考えられます。
しかし、日本の蒸し暑い夏が来た時に、自分の服装が予期せぬところでお客様を不快にさせてしまう可能性があるのも確か。
税理士業界は、サラリーマンとは違い、「必ずスーツを着なければいけない」という暗黙の了解的な服装はありませんが、“税理士だから許される服装”は実際のところ存在しないと思います。つまり、ルールがないからこそお客様のことを第一に考えた服装にしなければならない、ということです。

夏場の服装4つのチェックポイント
 

 

 

顧問先や見込み顧客に嫌われない
夏場の服装4つのチェックポイント!

続きを読む