士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

編集部が厳選!【書評】小さな会社は「決算だけ」税理士に頼みなさい! 記事

小さな会社は「決算だけ」税理士に頼みなさい!
Amazonで購入する

通常、会社は税理士と顧問契約を結んでいるが、年間で約60万円にもなる顧問料は余裕のない会社にとっては大きな痛手。
「その支出をなくす方法を知りたくないですか?」と聞かれて、NOと答える経営者はいないはず。
普通の税理士は絶対に教えない、税理士に「決算だけ」依頼して、会社をうまく経営する方法を解説する。


目次
プロローグ 土屋先生、こんなにしゃべっちゃって平気ですか?
第1章 「決算だけ」でいい、これだけの理由
第2章 「決算だけ」の税理士の選び方・頼み方
第3章 「決算だけ」の依頼パターンは4つある
第4章 「決算だけ」でもできる! 効果バツグン「節税対策」
第5章 「決算だけ」でも成功する「融資」のコツ
第6章 「決算だけ」でも失敗しない「消費税」の基礎知識
第7章 さあ「決算だけ」をお願いしよう!

単行本: 399ページ

出版社:ダイヤモンド社
発売日:2012/9/21
価格:1620円(税込)


著者情報
土屋 裕昭
1973年、アラスカ生まれ。大学卒業後、一般企業勤務を経て、簿記知識ゼロから3年間で税理士試験合格。設立間もないベンチャー企業から上場会社まで、幅広い法人クライアントをサポート。特に、中小企業のサポートを得意としており、商人気質を持った税理士(実家は、新宿でお好み焼き店を営んでいる)として経営者からの信頼も厚い。「決算だけ」の先駆的存在。
中小企業の悩める社長代表。社員7名前後の小さな会社を9年間務めた後、その会社を共同経営者にゆずり、現在は1人社長の会社を経営中。起業以来約10年間、税理士と顧問契約を結ばず、決算も自力でこなしてきた。今回、悩める中小企業の経営者を勝手に代表して土屋先生の教えを乞う。