現在、お知らせはありません。

【特別座談会】ビジネスチャンスを広げるブランディングのためのメディア戦略 Part2

【特別座談会】ビジネスチャンスを広げるブランディングのためのメディア戦略 Part2

誰もが情報を発信できる今、士業業界でも発信力や影響力を高めるために
メディアを使ったブランディングが主流になりつつあります。
本の出版やテレビ出演、SNSの活用などでブランド化に成功しているFSG税理士事務所の藤田耕司氏、
社会保険労務士法人ビルドゥミー・コンサルティングの望月建吾氏、
行政書士法人GOALの石下貴大氏、株式会社西原不動産鑑定の西原崇氏の4名が、
これまでの活動を踏まえながら、
メディアとのつき合い方や効果的な活用方法のあるメディアなどについて語り合います。


〔司会〕株式会社アックスコンサルティング コンサルタント

Part1はこちら

 

発信を止めないためのネタの制限と習慣化

――SNSはどのように活用されていますか?

望月 一通りのアカウントはありますが、あまり使っていません。
昔は積極的に意見を発信していたのですが、
その内容が結果的に〝成功者による、ぐうの音も出ない正論〞になってしまって。
お客様にも「先生は向いてない」と言われてから、あまり投稿していません。
それからはメディア出演の告知がほとんどです。

西原 私も同じですね。何かネタがあるときは投稿しますが。

石下 私は割と活用しているほうかもしれません。
SNSはそれぞれの特性に合わせた運用の仕方があり、
Facebookはグループをつくったり、
人とつながったりするような既存の知り合いとの関係を深くしていくものです。
一方で、Twitterは新たな人間関係をつくる場ですね。
2〜3年前からビジネスユーザーが増えていて、
「ビジネスマンの社交場」になっていると感じています。

藤田 私も石下先生にすすめられて一昨年の12月からTwitterをはじめましたが、
ほかのSNSよりも新しい出会いの機会があると感じています。
講演後はフォロワーも10〜20人くらい増えますし、それだけ接点も多くなります。
 
石下 例えば、当社は他士業の先生からお客様を紹介いただくことが多くて、
少し前から士業の先生との関係づくりに力を入れているのですが、
ツイートを見て気が合いそうな先生には、何回かコメントしたうえで、
「一度ごあいさつさせてください」とメッセージを送っています。
SNSは自分の考えを発信しているので、ミスマッチが起きづらいのです。
続きを読む
プロフィール
藤田耕司
藤田耕司氏
FSG税理士事務所 代表
2013年開業。多くの企業と連携して経営課題の解決のサポートを行う。
また、日本経営心理士協会の代表理事を務める。
雑誌・書籍・新聞のほかオンライン番組など多数出演。

望月建吾
望月建吾氏
社会保険労務士法人ビルドゥミー・コンサルティング 代表
残業ゼロの労務管理支援の実績など300社以上、就業規則づくり支援の実績1,000社以上。
テレビ出演や『「人事・労務」の実務がまるごとわかる本』(日本実業出版社)など著書多数。
社会保険労務士法人ビルドゥミー・コンサルティング

石下貴大
石下貴大氏
行政書士法人GOAL 代表
2014年に開業。
産業廃棄物関係や建設業、運送業の許認可などを専門とし、身近な相談役としてサポート。
補助金検索サイトの開発・運用を手がけるほか、著書も数多く出版。

西原崇
西原崇氏
株式会社西原不動産鑑定 代表
相続した不動産の時価評価、同族間の不動産売買、不動産の法人化など、
不動産鑑定の視点で相続対策を支援。
テレビ出演など豊富な実績があり、わかりやすい説明に定評がある。
関連コンテンツ