2022.11.29
【年末・年始休業中の商品発送について】
年末・年始の休業期間中、商品の出荷対応につきまして下記の通り、ご案内いたします。

≪発送休業日≫
2022年12月28(水)~2023年1月4日(水)

上記期間中のお申込みにつきましては、2023年1月5日(木)以降に順次発送とさせていただきます。予めご了承ください。

通常よりもご注文からお届けまでに多くの日数がかかりますので、お急ぎの場合はご注意ください。
ご不便をお掛けいたしますが、ご理解及びご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

士業業界の最新トレンドをPICK UP!(2022年4月)



注目の士業事務所の動向、ITツールのリリース、士業向けイベントの開催予定など、
士業業界を取り巻く最新情報をお届けします。

※2022年4月4日時点の情報です。詳細は、各社のHPなどをご確認ください。

 

誰でも簡単に助成金書類を作成できる「ラクリア助成金β」サービス開始



株式会社リアリゼイション(東京都渋谷区/代表・森垣洋平氏)が
助成金申請SaaS「ラクリア助成金β」をスタートさせました。

「ラクリア助成金」は、システム上でアンケートに答えるだけで
自社に最適な助成金と受給可能金額を確認できる「助成金診断」機能を搭載。
助成金診断後、活用できる助成金の申請書をシステム上で作成することができるほか、
申請助成金のタスク・スケジュールも管理可能です。
また、就業規則や規程類の作成・改訂、それに伴う編集作業もカンタンに作成できます。

対象となる助成金は順次追加されていくほか、
法令・就業規則・雇用契約・労務実態の情報をもとに、
労務状況が申請要件を満たしているかを自動で判断する「労務ホワイトチェック機能」を今後搭載予定。


株式会社リアリゼイション
https://reali-zation.com/


 

株式会社ゼウスが士業向けクレジットカード決済「士業PAY」スタート

ECショップやBtoB事業者向けに決済サービスを提供する
株式会社ゼウス(東京都渋谷区/代表取締役・金子雄一氏)が、
士業向けのクレジットカード決済「士業PAY」をスタートさせました。

政府によるキャッシュレス化推進、新型コロナウイルス感染症拡大などにより、
クレジットカード決済へのニーズが高まっているなか、
士業業界においても、オンライン相談などの増加により、
相談料、顧問料、報酬金の支払い方法として、
クレジットカード決済を導入するケースが年々増加しています。

こうした背景から、同社は士業向けクレジットカード決済「士業PAY」をスタート。
相談料や書類作成・調査費用などの「スポット契約」で、
着手金と報酬金を2段階に分けて請求するケースでも、クレジットカード決済ができます。
クレジットカード決済導入により、入金管理・未入金時の督促に係る事務作業が軽減されるほか、
売掛金の回収率向上にもつながります。

また、月末締め翌月20日支払いの早期入金による資金繰り改善サポート、
24時間365日対応のサポートなどのサービスもあります。
決済手数料は3.24%で、初期費用や月額費用は無料。


株式会社ゼウス
https://www.cardservice.co.jp


 

デジタル遺言lastmessage(ラストメッセージ)に
最適な遺言・終活の形式を診断できるツールが誕生




株式会社パズルリング(東京都港区六本木/代表取締役・山村幸広氏)は、
デジタル遺言サービス「lastmessage(ラストメッセージ)」において、
これから遺言書を作成する人向けのオンライン診断ツール「遺言‣相談チェック」をリリースしました。

デジタル遺言は、法的に有効な公正証書遺言書ではないものの、
lastmessageでは、家族へのメッセージの記録、
やりたいことリストの作成、パスワードの管理などが行えます。

今回リリースされた「遺言‣相談チェック」は、
lastmessage会員以外でも利用できる無料オンライン診断ツール。
弁護士・税理士・司法書士といった専門家の意見をもとに設計されており、
はじめて遺言書を作成する人が「何からはじめればよいかわからない」という場合でも
最適な遺言・終活の形式を診断することが可能です。

「家族に関するヒアリング」に回答すると「家族構成図のイメージ」が作成でき、
遺言者に関係する法定相続人を確認することができるほか、
財産の有無に関するヒアリング内容をチェックすることで、
見落としやすいデジタル資産も自覚することができます。


株式会社パズルリンク
http://puzzle-ring.jp/


 

自分で簡単に相続税申告書作成ができる「TASKI(タスキ)」をリリース



TASKI株式会社(東京都千代田区/代表取締役:竹下祐史氏)は、
2022年3月1日、相続税申告書作成システム「TASKI(タスキ)」をリリースしました。

現在、年間約15万件の相続税申告が行われていますが、
そのうち約86%の方が税理士に申告を依頼しています。
専門家によるサポートが必要な申告手続きは今後も税理士が対応していくことが望ましいですが、
簡易的な申告手続きについては、
専門家によるサポートを活用して自身で進められるようにと、「TASKI」が開発されました。 
「TASKI」はウェブ上で必要事項を入力し、
ガイダンスに従って書類を集めて相続税申告書を作成するシステム。
法律や税金の仕組みが難しい相続税申告を自分で簡単に進めていくことができます。

また、相続税の計算や遺産分割のシミュレーションは、無料で何度も試すことが可能です。 
相続案件の経験豊富な専門税理士が監修しており、
相続専門税理士への無料相談や、作成した申告書の税理士チェックも可能。
万が一税務調査が行われる場合には税理士によるサポート(有料)もあります。


TASKI株式会社
https://note.com/taski_souzoku/


 

社労士制度がISSAグッド・プラクティス賞において特別優秀賞を受賞

2022年2月22~24日、国際社会保障協会(ISSA)が主催する
アジア・太平洋地域ヴァーチャル社会保障フォーラムが開催されました。
同イベント内で、「アジア・太平洋地域グッド・プラクティス賞コンテスト2021(仮訳)」の
結果発表及び授賞式が行われ、日本の社労士制度が「特別優秀賞(仮訳)」を受賞しました。

「ISSAグッド・プラクティス賞コンテスト」は、
世界の社会保障制度実施に関する優れた好事例を
「達成された成果、革新性、堅牢性、複製可能性」を基準に評価し表彰するもので、
2008年の開始以来、3年ごとに開催されています。

今回の受賞は、半世紀以上にわたって社労士制度及び社労士の活動が
日本の社会保障制度の安定に寄与してきたこと、
国内だけでなく、インドネシアなど諸外国で社労士制度導入支援などの活動を行い、
社会保障制度の安定運用や持続可能なシステム構築に寄与してきたことなどが評価されました。
また、コロナ禍において、デジタルだけでは対応しきれない個々の状況に対して、
社労士がきめ細かい支援を行ったことも今回の受賞につながりました。

受賞プレゼンテーションには、
全国社会保険労務士会連合会・小野佳彦理事(グローバル特別員会委員)が登壇。
オンラインで世界に向けて、社労士制度の有用性について説明しました。

全国社会保険労務士会連合会では、「世界の人々に労働法・社会保障制度が行き渡るための
技術支援をすることも使命の1つと考え活動している」として、
今後も、社労士だからこそできる貢献をすべく、
国内外のさまざまなステークホルダーと手を携え、
グローバル関連事業を展開していくと表明しています。


全国社会保険労務士会連合会
https://www.shakaihokenroumushi.jp/

 
関連コンテンツ