現在、お知らせはありません。

士業の枠を超え中小企業を支える『一般社団法人AMA terrace』設立!【トレンドPICK UP 2022年5月】




注目の士業事務所の動向、ITツールのリリース、士業向けイベントの開催予定など、
士業業界を取り巻く最新情報をお届けします。

※2022年5月9日時点の情報です。詳細は、各社のHPなどをご確認ください。


 

専門家の枠を超え、日本の中小企業を支援する
経営支援プラットフォーム『一般社団法人AMA terrace』を設立



2022年4月20日、一般社団法人 AMA terrace(アマテラス、代表理事・古田圡 満氏)の
準備総会が開催されました。
同法人は、専門家のサポートが届きづらい地域の中堅・中小企業を支援することを目的に創設。
各経営支援分野において独自のプラットフォームを構築・運営している企業、団体が連携し、
横断的かつ全体最適思考でのサポートを目指します。

同法人に参加する一般社団法人労務コンプライアンス協会の代表理事で、
AMA terraceの理事も務める岡田烈司氏は、
「これまで、相続・事業承継や労務分野など、
各専門分野でのプラットフォームは存在していましたが、
それをつなぐ団体がありませんでした。
AMA terraceは、いわば“プラットフォームのプラットフォーム”です」と話します。
AMA terraceが総合窓口となり、相談を受けた案件を各プラットフォームに振り分けることで、
“面”でのサポートを実現するといいます。

「私たちの目標は、各プラットフォームにスキルやノウハウが溜まっていき、
それが所属する士業をはじめとする専門家に行き渡ることで、
地域のなかで成長の循環が生まれること。
自分たちだけではできないサポートの仕方で、
中小企業の成長を後押ししたいと考えています」(岡田氏)。

5月25日(水)には、設立総会を開催予定。
7月からのサービス開始を目指し、準備を進めています。


【参加企業・団体(専門分野)】
一般社団法人事業承継ドクター協会(事業承継)·
https://bizs-doctor.org/
Creww株式会社(スタートアップ)
https://creww.in
GOALグループ(行政書士)
https://go-al.co.jp/
CPA会計学院(CPA人材育成輩出)
https://cpa-net.jp/
TRINITYLABO.(家族信託・相続)
https://trinity-labo.com/
弁護士ドットコム(法務全般)
https://www.bengo4.com/lawyer/
一般社団法人労務コンプライアンス協会(労務全般)
https://roumu-compliance.jp
株式会社古田土経営・会計事務所経営支援塾(会計全般)
https://www.shien-juku.com/


 

⽇本承継寄付協会「遺贈寄付を伴う遺言書作成費用」を助成



⼀般社団法⼈⽇本承継寄付協会(東京都⽂京区/代表理事・三浦美樹氏)は、
2022年8月、遺贈寄付の遺⾔書作成に伴う専⾨家費⽤の一部助成を行います。
遺贈寄付とは、遺言を通じて相続財産の一部を寄付する取り組みで、
寄付者が、NPO法人、財団・社団や大学、ふるさとなどに財産の一部を託すものです。

今回、同協会が一般財団法⼈⽇本寄付財団「2021年度助成事業」の助成団体に選定されたことを受けて、
専門家費用を助成することで寄付者の負担を減らし、「遺贈寄付の遺言書」作成を支援します。

「遺贈寄付の遺⾔書作成に伴う専⾨家費⽤の一部助成」は、
「承継寄付診断士講座」を受講した専門家またはそれと同等レベルの知識を有すると認められた
支援機関の下で、非営利組織への遺贈寄付遺言書を作成した方が対象です。
実施期間は2022年8月~11月を予定しています。

また、2022年8月には、遺贈寄付の相談・遺贈寄付を伴う遺言書の作成を
無料で行う「無料遺言書作成キャンペーン」の実施を予定しています。
費用は、参加費、相談料、遺贈寄付遺言書作成費とも無料。
詳細は決まり次第、同協会ウェブサイトに掲載されます。


⼀般社団法⼈⽇本承継寄付協会
http://www.izo.or.jp


 

労務担当とデジタルに強い社労士をつなぐプラットフォーム
「社労士ステーション」を提供開始



株式会社TECO Design(福岡県福岡市/代表取締役・杉野愼氏)は、
2022年4月11日、中小企業の労務担当者とデジタルに強い社労士をつなぐ
オンラインプラットフォーム「社労士ステーション」の提供を開始しました。

「社労士ステーション」は、労務管理、勤怠管理、給与などのクラウドサービス、
チャットやオンライン面談などのコミュニケーションツールに対応可能な社労士事務所を掲載。
社労士を探す労務担当者が、簡単に自社に合った事務所を探すことができます。

社労士事務所にとっては、クラウドシステムやコミュニケーションツールなど
デジタル化への取り組み状況を公開することによって、企業との接点を増やすことが可能です。
「デジタルに強い社労士を探している」という労務担当者からの声から生まれたサービスで、
中小企業と社労士の双方がデジタル化を進めて、
これまで以上の付加価値を生み出すことを目的としています。
現在は、東京都内と神奈川県内に拠点を持つ企業・社労士に向けたサービスを開始。
今後、対象エリアを全国へ拡大する予定です。


株式会社TECO Design
https://teco-design.jp/


 

会計業界について共に考えるイベント
「freee Advisor Day 2022」開催


freee株式会社(東京都品川区/CEO・佐々木大輔氏)は、2022年6月14日、
「会計業界を活性化させ、次世代に価値あるものを継続させる」をキーワードとしたイベント
「freee Advisor Day 2022」を開催します。

会計業界、顧問先、ユーザーの未来をfreee認定アドバイザーや会計士、税理士が
共に考えることを目的としたもので、昨年に続いて2度目の開催。
freee認定アドバイザーが登壇し、現在取り組んでいる事例について知見を共有し、
参加者との交流の場も提供されます。

「freee Advisor Day 2022」開催概要
日時 6月14日(火)12:00~18:30(予定)
形式 オフラインとオンラインの同時開催
場所 品川インターシティホール/オンライン
参加フォーム
https://www.freee.co.jp/event/freeeadvisorday2022


freee株式会社
https://corp.freee.co.jp/


 

士業事務所向け検定制度
「マネーフォワード クラウド検定」の提供を開始


バックオフィスSaaS「マネーフォワード クラウド」を提供する
株式会社マネーフォワード(東京都港区/代表取締役社長CEO・辻庸介氏)は、
2022年4月22日、「マネーフォワード クラウド公認メンバー」の
士業事務所向け検定制度「マネーフォワード クラウド検定」の提供を開始します。

マネーフォワード クラウド検定は、バックオフィスSaaS「マネーフォワード クラウド」を
活用するための検定で、
「マネーフォワード クラウドをどれくらい使いこなせているのか分からない」、
「目標が設定しにくい」といった声をもとに、『マネーフォワード クラウド』の理解度を高め、
習熟度を可視化する手段として誕生。

今回は第一弾として、クラウド型会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」を対象とした
「マネーフォワード クラウド会計 3級」、「マネーフォワード クラウド会計 2級」がスタートします。

申し込みは、士業事務所専用コミュニティサイトBizBASEポータルから
 

株式会社マネーフォワード
https://moneyforward.com/


 

管理部門の最新トレンドがわかるオンラインイベント
「第6回ManegyランスタWEEK 2022 Spring」開催



株式会社 MS-Japan(東京都千代田区/代表取締役社長・有本隆浩氏)は、
同社が運営する管理部門と士業のためのビジネスメディア「Manegy」にて、
2022年5月23日~5月27日、ランチタイムに気軽に学べる
オンラインイベント『第6回 ManegyランスタWEEK 2022 Spring』を開催します。

今回のテーマは「バックオフィス総合」。経理・人事・法務・総務など管理部門の
各セクションのDXに関して、多くのセッション数を予定しています。

セッションでは、管理部門向けテックの最新動向や、法改正に関する情報、
業務のノウハウや課題解決に関する情報などを
各セッションテーマに精通した講師がわかりやすく解説します。

開催概要
日時: 2022年5月23日~5月27日
場所: オンライン開催
参加費用:無料


株式会社 MS-Japan
https://company.jmsc.co.jp/


 
関連コンテンツ