2022.11.29
【年末・年始休業中の商品発送について】
年末・年始の休業期間中、商品の出荷対応につきまして下記の通り、ご案内いたします。

≪発送休業日≫
2022年12月28(水)~2023年1月4日(水)

上記期間中のお申込みにつきましては、2023年1月5日(木)以降に順次発送とさせていただきます。予めご了承ください。

通常よりもご注文からお届けまでに多くの日数がかかりますので、お急ぎの場合はご注意ください。
ご不便をお掛けいたしますが、ご理解及びご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

目指すは”超士業”!企業の成長に革新を起こす【イベントレポート「HOPの輪〜20周年の集い〜」】

目指すは”超士業”!企業の成長に革新を起こす【イベントレポート「HOPの輪〜20周年の集い〜」】

2002年に東京都中央区日本橋で創業し、今年20周年を迎えた税理士法人HOP。
2022年6月15日(水)に、創業の地である日本橋兜町で
20周年記念イベント「HOPの輪〜20周年の集い〜」が開催されました。
代表の小川実氏は、今後の事務所成長のテーマに“超士業”を掲げ、
中小企業の経営支援を今まで以上に強化していくと語りました。

代表・小川実氏の特別インタビュー動画はこちら



 

士業を超えた「ミノベーション」で企業支援を拡大

HOPグループは、2002年に個人事務所を設立し、2004年に法人化。
相続や事業承継を強みに、全国の中小企業をサポートしています。

代表の小川実氏は、これまでを振り返り、
「1998年に税理士になり、2002年にHOPを創業しました。
実は、今日の会場となった『KABUTO ONE』が建っているこの場所こそ、
20年前に創業した地。ですから、とても感慨深いです。
2013年には現在の人形町オフィスへ移転し、税務調査や相続、
経営コンサルティングに力を入れてきました。
これまでHOPを支えてくださった皆様、本当にありがとうございます」
と感謝を述べました。


2002年4月、税理士法人HOP設立当時の小川氏。


2013年、人形町オフィスへ移転。職員の高橋氏が税理士試験に合格。


また、グループの展望について、
「今後私たちは、従来の士業を超えた『超士業』として
活躍をしていきたいと考えています。
これまでの士業の価値は、お客様の手間仕事を請け負ったり、
経営の情報を提供したりすることにありました。
しかし、現在はあらゆるシステムを使ってお客様自身でも手間を省くことができるし、
情報はネットで調べたらすぐわかります。
作業や情報提供だけではなく、
中小企業の成長につながる経営支援を強化していきたいと考えています」と語りました。

そして、グループ成長に向けたテーマを「ミノベーション」と命名。
ミノベーションとは、“Make an innovation”と小川氏の名前
“実”(みのる)を掛け合わせたもの。
HOPのサポートによって成長する企業を、今まで以上に増やしていくため、
「『笑顔相続を増やす』こと、『成長企業を増やす』ことに力を入れていきます」と小川氏。

「『笑顔相続を増やす』ためには、
弊社グループの一般社団法人相続診断協会との協業を徹底し、
身内同士の“争族”をなくすことを目指します。
また、『成長企業を増やす』ためには、
クライアントの経営理念実現に向けたサポートに尽力します。
この経営理念実現のためには、財務だけでなく人事も改善する必要があり、
特に人事評価制度の改善が効果的です。
弊社では、『成長企業診断』というサービスをつくり、
企業の組織課題がどこにあるのかを可視化できるようにしています。
浮き彫りになった課題の解決策を、私たちが一緒に考えて実行する。
そうすることで、経営理念に基づき成長する企業を増やすことができるのです」(小川氏)。


20周年を迎えることができた感謝と、今後の展望を語る小川氏。

 

基調講演にはSBCメディカルグループの相川佳之氏が登壇!

今回のイベントでは、『予測不可能な時代に業績を伸ばし続ける経営者の考え方』をテーマに、
基調講演として湘南美容外科などを運営するSBCメディカルグループ代表の相川佳之氏が登壇。
まだ美容医療という分野への認知度が低い時代に、
神奈川県藤沢市のクリニックからスタートした相川氏は、
料金を明確にする、単価を下げるなど、業界の常識を打ち破ることで、
創業20年でグループ総数115院、売上高は1,000億円を超え、
美容医療業界1位の規模に成長させました。

「成功するためには、競合を徹底的に調査することがポイントです。
そして、他業種の成功事例を自分の業界に取り入れて、最初に実行すること。
ほかがやっていることを徹底的にやることで、追いつけないレベルになること。
ほかのクリニックがやりたがらないことをやること。この3つが重要です。
地域とカテゴリーを絞った選択と集中で、
“ナンバーワン”になるものを探すことが必要です」相川氏。

業界ナンバーワンに成長させた相川氏の実践的な講演に、
多くの参加者が熱心に耳を傾けていました。


「先にお客様に喜んでもらうことで、利益が付いてくる」と相川氏


 

権限移譲を意識し、長期的なグループの発展を目指す

イベントの最後には、小川氏が今後の組織体制について言及。
HOPグループの長期的な発展を見据えて、事業承継の意向を発表しました。

「私が今年で59歳になるので、そろそろ税理士法人HOPの代表を譲っていきたいと考えています。
現在、事務所の中核である2名の税理士にバトンを渡したいと考えており、
今年から本格的に準備を進めていきます。
また、HOPグループについては、65歳、70歳になるまでを目標に後継者を育て、
権限移譲していきたいと思っています。
今まで以上にお客様に笑顔になってもらうことができ、
従業員もその喜びを実感できる事務所づくりに励み、
HOPの価値を高めていくことを目指します」と、
未来へ向けた思いを語りました。


後継者の税理士2名を含む、幹部メンバー5名による挨拶が行われた。




イベントはオンライン含め400名以上が参加するなど、大盛況で幕を閉じた

 
プロフィール
小川 実氏
税理士法人HOP 代表
2002年に税理士法人HOPを開業。社労士法人、行政書士法人を創設しグループ化。
2011年に一般社団法人相続診断協会を創設。会員数は4万4,000名を超す(2022年6月時点)。
2020年、一般社団法人成長企業研究会を設立。

HOPグループ
https://group-hop.com/

一般社団法人相続診断協会
https://souzokushindan.com/

一般社団法人成長企業研究会
http://seichokigyo.jp/
関連コンテンツ