士業のための経営情報サイト

  • TOP
  • 経営
  • 文化づくり

広がる税理士格差 〜勝ち組の2大条件〜記事

広がる税理士格差 〜勝ち組の2大条件〜

今、税理士業界にひとつの傾向が表れています。
それは“忙しいけれど、売上は落ちている”事務所が増えているということ。

これをアベノミクスによる“好景気は企業のため”というような一般消費者の感覚で語っているわけではありません。
実際に忙しいと嘆いている税理士に対して、何が忙しさの要因か?を伺ったところ具体的な回答はなく、「10年前に比べて歳をとり、体力が落ちたからかな……。」とぼやいていました。
しかし、よくよく話を聞いてみると、1顧問先ごとの業務量が明らかに増えていたり、低価格で付加価値業務を受けていました。

少し古いですが、平成25年の調査の段階で平均所得は10年前に比べ“142万円”も低下しています。
これには、ハッキリとした原因があります。
記帳代行の低価格化を中心に“顧問料全体が低下”したためです。

これを具体的に数字にすると
続きを読む