2022.11.29
【年末・年始休業中の商品発送について】
年末・年始の休業期間中、商品の出荷対応につきまして下記の通り、ご案内いたします。

≪発送休業日≫
2022年12月28(水)~2023年1月4日(水)

上記期間中のお申込みにつきましては、2023年1月5日(木)以降に順次発送とさせていただきます。予めご了承ください。

通常よりもご注文からお届けまでに多くの日数がかかりますので、お急ぎの場合はご注意ください。
ご不便をお掛けいたしますが、ご理解及びご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

年商1億円を稼ぐ税理士法人小山・ミカタパートナーズ勝利の方程式とは? 最新DVD収録現場に完全密着!

年商1億円を稼ぐ税理士法人小山・ミカタパートナーズ勝利の方程式とは? 最新DVD収録現場に完全密着!

開業初年度に新規顧問先件数108件を獲得し、3年目の現在10名以上のスタッフを雇用。個人事業主・新設法人の融資成功報酬5%、平均顧問料月額5万円を実現し、年商1億円以上を稼ぐ、税理士法人小山・ミカタパートナーズ。
彼らがこの3年間培ってきた、たくさんの成功と、少しの失敗。その中から、ていねいに蒸留し紡ぎ上げた“成功の極意”を、余すところなく収めた『税理士のための新設法人完全攻略パッケージ』が、ついに発売開始!
その動画収録現場に完全密着した怒涛の二日間、全12時間のドラマをお伝えします!
 
 

「士業全体の底上げをしたい……」業界貢献のため
全力で駆け抜けた二日間、全12時間の講演パフォーマンス!

連日の激務の中、早朝の収録スタジオに現れた小山・ミカタパートナーズの代表社員、小山晃弘氏(公認会計士・税理士)と岡本信吾氏(公認会計士・税理士)の二人。
彼らの全ノウハウが詰まったレジュメを元に、たった二日間で全動画を録り切らなければならないという、かなり差し迫った状況のなか初日の収録がスタート。

彼らがいつも行っているセミナーとは違い、収録スタジオにはスタッフのみが控えカメラに向かって一人で喋り続けるという、話す側に大きなプレッシャーがかかるイレギュラーな状況。
そんななか、小山氏はいつもの滑らかで明瞭な口調で講義を展開。後方にあったホワイトボードも見事に使いこなし、このDVDを制作した目的や事務所の実績から、ビジネスモデル解説編、サービス構築編、集客編、営業編までを分かりやすく解説。
また、岡本氏もその人柄を表すようなひたむきな姿勢で、実務編と内部体制構築編を分かりやすく解説。
昼休憩も時間をかけず駆け足で進んでいった収録も、気付けば夜も遅い時間帯に。
当初の予想をはるかに上回る進行で、全体の半分以上を終えた。
残すところは、5種類50点以上の大ボリュームでの提供となったツール集の解説のみ。
初日が夜遅くなるも、二日目は夕方に二人のセミナーも予定されており、延長が許されない状況のため、収録は引き続き早朝からスタート。
今回のこのツール解説では、初の二人体制での解説が実現!
視聴者に分かりやすく伝えるべく行った、二人の掛け合いも必見!
そして収録時間ギリギリで、この二日間の怒涛の撮影が夕方手前に無事にクランクアップした。

「僕らが開業した3年前、こんなDVDに出会いたかった。心の底からそう思えるものを作りました」

そんな彼らの思いを体現するかのような講演パフォーマンス。
その模様を完全収録したこのDVD作品は、彼らの開業ノウハウやメソッド、ナレッジが全て詰め込まれています!

 

このDVDによってどのような課題が解決できるのか?

小山・ミカタパートナーズは、開業初年度より独自の集客と営業方法を展開していき、成果を出し続けています。

■1期目
顧問先を100社以上獲得し、伝統的な顧問業で安定収入を確立しながら、税理士法人化すると同時に、従業員の雇用と教育にも着手しました。
■2期目
ユウシサポ』という日本政策金融公庫に特化したクライアントの資金調達支援サービスを、セミナービジネスとネットマーケティングを駆使して全国展開。また、事務所移転やさらなるベテラン税理士を含めた従業員を増やしました。
■3期目
コジサポLINE』という、いわゆるLINEを用いた遠隔税務顧問サービスをローンチしました。価格は月々2,980円~で、個人事業主がLINEで税務の相談を気軽に行うことができます。

このように戦略的に事務所成長を達成し、商品・サービスを通じた社会貢献、雇用の創出・安定を実現してきました。
「最近では弊社の活躍を知ってか、元同僚や税理士の開業仲間から“まだまだ集客力が足りない” “魅力的・効果的なサービスが提供できないのでアドバイスしてほしい”という声をもらうようになりました」と語る小山氏。

このDVDでは、以下のような課題を抱えている方に向けたコンテンツが充実!
・新設法人の顧問を獲得しても顧問料が安い
・新設法人を年間60万円以上で獲得したいが、やり方がわからない
・見込顧客を集める手段をもっと増やしたい
・月5万円の顧問料を支払える顧客の条件が、どんな業種・規模なのかわからない
・事務所の内部体制を構築したい
・新規顧客を獲得していきたいが、営業ツールやノウハウがない
・新設法人をすべてスタッフに任せたいが、マニュアルと内部体制構築ができていない

そして、今すぐ実務に使える5種類50点以上のツール類と共に、新設法人案件のビジネスモデル戦略からサービスの構築、集客、営業、採用、職員教育などの内部体制構築まで、その手法が全て公開されています。



これらを活用して新設法人の成約件数アップ&報酬アップにお役立てください。
▼お申し込みは以下URLより
http://www.accs-c.co.jp/lp/finance/
 

プロフィール

税理士法人小山・ミカタパートナーズ
代表社員
小山晃弘氏






税理士法人 小山・ミカタパートナーズ
(東京都港区)
代表社員
公認会計士・税理士
岡本 信吾氏




2015年4月に東京都港区に大手監査法人出身の2名で税理士法人小山・ミカタパートナーズとして法人登記。ネット(空中戦)とリアル(地上戦)を駆使した独自の集客&営業方法をもとに開業1期目で新規顧問「108社」を獲得。従業員数は1期目の段階で6名、2期目には10人に達する。2期目には、従業員教育、仕事のマニュアル化に注力しつつ、新規事業として、日本政策金融公庫からの資金調達支援に特化した“ユウシサポ”という商品を開発し、セミナー集客とネット広告を中心に、年間問い合わせ330件という驚異的な数字を達成。
 




 
関連コンテンツ