士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

弁護士が独立開業するための、6つのポイントと3つのメリット 記事

弁護士が独立開業するための、6つのポイントと3つのメリット

2002年に閣議決定された司法制度改革により、ここ数年で弁護士の数が増え続けていくなか、若手弁護士の独立開業事例も増えています。
その結果、市場は飽和状態となり、「開業したはいいものの、食べていくだけでもやっと」という方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

「司法試験に受かった後になりたかった将来像とはほど遠い……」
そのような状況になる前に知っておくべき、6つのポイントとそのメリットについて解説していきます。

 

弁護士が開業するための6つのポイント

弁護士が独立開業する際には、「開業資金はどのくらいかかるのか?」、「資金はどのように集めるのか?」、「事務所のセールスポイントは何か?」、「仕事はどのように取ってくるのか?」など、考えるべきことはたくさんあります。

その全てにおいて完璧に把握して準備できれば開業当初の対応としては十分ではないでしょうか。
しかし、「始めからそれができていれば苦労はしない!」という方も多くいるのが現実です。

そこで、まずは弁護士が開業する際に知っておくべき6つのポイントを解説していきます。
 
続きを読む