士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

数字は語る!売上・従業員を増やすためにも 〝働き方改革〞が効果的 記事


 

顧問先の業績を上げるため〝働き方改革〞を支援しよう

開業後4年以内の企業のうち、ほぼ100%に柔軟に働ける企業にしたいという意向があります(図1)。
実際のところ、特に『在宅勤務制度』と『フレックスタイム制度』の導入率は、既存企業よりもかなり高くなっています(図2)。 また、売上が増加している企業の割合は、柔軟に働ける制度の利用者がいる企業の方が高い傾向にあります(図3)。
このような制度導入が業績に影響していることを鑑みると、『働き方改革』は中小企業にとって無視できない課題なのかもしれません。

一方で、開業4年以内の企業が既存企業に比べて大きく出遅れているのが、育児休業の利用率です(図4)。退職者の中には、『仕事を続けたかったが、仕事と育児の両立の難しさでやめた』という人も一定数います(図5)。
このような事態を避けて人材を確保するためにも、働き方を変える制度を導入し、確実に運用していくべきです。
 
続きを読む