士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

「税務リスク事例」に学ぶ税務調査対応術 動画

「不正計算」「重加算税」に絞った税務調査ノウハウを事例で学ぶ!

税務調査で、調査官から「不正計算」「重加算税」の疑いを指摘されたら、どう対応しますか?
ここでの税理士の対応によって、税務調査の結果が大きく変わってきます。
納税者や一部の税理士は「不正計算」や「重加算税」に対して認識のズレがあると言われています。
「脱税=不正計算=重加算税」と認識してしまいがちですが、実はそうではありません。
ポイントを押さえて対応すれば、道が開けるのです。

税務調査は交渉。
税理士と税務署との利害が異なるなかで、いかに接点を見出すかが重要なのです。
接点を見出すためには、税務調査の場数を踏むのが一番。
しかし、場数は自らコントロールできません。
そうなると、次善の策として事例研究が効果的です。
この動画は「不正計算」「重加算税」といった「税務リスク」に的を絞った、
税務調査対応ノウハウを公開。
元特別国税調査官(トッカン)で税務調査の一部始終を熟知した講師が、
具体的な事例を交えて解説いたします!

 

主な内容

  1. 最近の税務調査の動向
  2. 税理士の心構え
  3. 法人税の重加算税の取扱い
  4. 対応上のポイント
    (1)事実関係の確認、根拠法令等
    (2)不正計算の存在確認
    (3)実行行為者の特定
    (4)不正計算の波及規模
    (5)不正所得の確定
    (6)終結に向けた対応
  5. 事例研究
    (1)個人的経費の付け込み事例
    (2)期末棚卸に係る不正事例
    (3)交際費課税回避に係る不正事例
 

DVD詳細『「税務リスク事例」に学ぶ税務調査対応術』


商品名:「税務リスク事例」に学ぶ税務調査対応術
製作年月:2015年08月
仕様:DVD1枚(約111分)+データCD+添付資料
価格:19,440 円 (税込)
DVDの購入はオンラインショップBiscoより可能です。



 

プロフィール

堀内章典 氏

株式会社SKC代表取締役
堀内税理士事務所 所長 税理士
東京新宿相続サロン主宰

昭和54年3月学習院大学経済学部卒。
昭和54年4月東京国税局採用。平成2年10月税理士試験合格。
平成3年3月税務大学校教育官(簿記会計担当)。平成6年7月東京国税局資料調査課実査官。
平成10年7月江戸川北税務署法人税第7統括官。平成11年7月東京国税局資料調査課、課税総括課主査。
平成13年7月豊島税務署広報広聴官。平成15年7月大月、世田谷税務署法人税第1統括官。
平成17年7月神田、四谷法人特別国税調査官。平成24年7月麹町税務署法人特別国税調査官で辞職。
平成24年9月税理士開業。株式会社SKC設立。
平成26年3月相続税専門サイト”東京新宿相続サロン”開設、現在に至る。