士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

年間3億を売り上げる社労士法人の経営・マーケティング手法とは? 動画

東京(赤坂、中目黒)、埼玉、大阪、名古屋の5拠点で40名以上の従業員を抱える、あすか社会保険労務士法人。2017年、開業20周年を迎えた同法人は、現在、年間3億円の売上を達成しています。
今回のセミナーでは、グループを成長させるための経営手法や、集客できるマーケティングについて代表社員の大東恵子氏にお話しいただいてます。

まず同法人の組織体制は、各拠点で業務を完結できるような体制を敷いており、東京と名古屋に関してはコンサルティング業務を分けて対応。さらに、助成金専門チームを設けて助成金、就業規則、コンサルティングの業務を行い、製販分離の仕組みを作り内部体制を確立させています。

顧問先の獲得経緯については、全体のほぼ半数近くの48%が他士業、主に公認会計士・税理士からの紹介が占めているといいます。続いて34%がWeb(ホームページ)、7%が紹介会社、6%が顧客からの紹介と続きます。
「紹介時だけではなく、成約してからも税理士の方とやり取りすることが多いですし、お客様からしても社労士と税理士が連携して業務をやってくれるのは安心につながります。そういったところからも、やはり社労士が経営を継続させていくためには、税理士との連携は欠かせないものだと思います」と大東氏は語ります。

また、次いで顧問先獲得につながっているWebに関しては、今でも1日1件は何らかの問い合わせがWebを通して来るといいます。

このWebマーケティングの展開方法について同法人が意識的に行っているのは、「サービス内容がわかりやすいホームページ作り」「自社のターゲットが集まるところに予算を投下する」といったことです。

さらに、今やネット検索はスマートフォンでできてしまう時代。同法人のホームページもスマホで閲覧される回数の方が多いといいます。そういう時代だからこそ、ホームページはスマホ対応にする必要性があり、スマホ対応にするだけでも訪問者数が増えるといいます。

同セミナーの後半では、あすか社会保険労務士法人の堤杏里氏が「成約率を上げるためにどのような工夫をしているか」などを解説しています。

『従業員満足とお客様満足で日本一の社会保険労務士法人』を目指している同法人が開催した同セミナー。
ぜひ、ご事務所の顧客獲得に向けた取り組みの参考としてご覧ください。

プロフィール

大東 恵子(おおひがし けいこ)氏

あすか社会保険労務士法人 代表社員

大阪府出身。1992年、同志社大学経済学部卒業。同年、日商岩井株式会社入社。1996年、社会保険労務士試験合格。1997年、日商岩井株式会社退職。同年4月、大東社会保険労務士事務所設立。2006年、労働保険事務組合 日本総合労務マネジメント設立。2008年、おおひがし労務経営事務所をあすか社会保険労務士法人に組織変更、東京事務所開設。東京(赤坂、中目黒)、埼玉、大阪、名古屋の5拠点で現在はスタッフ合計40名超。人脈作りやチャネル開拓により、顧問数は500社を超える。