士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

導入方法さえわかれば一気にブルーオーシャンへ!! 仕組み化・効率化された記帳・経理代行こそ会計事務所の最適ビジネス! 記事

導入方法さえわかれば一気にブルーオーシャンへ!! 仕組み化・効率化された記帳・経理代行こそ会計事務所の最適ビジネス!

会計業界で注目を浴びている「記帳・経理代行」。全国各地で関連セミナーが満員御礼となっています。
顧問先からの需要も高まっており、安定収入で高単価が見込めるから、取り組みを検討する会計事務所が増えています。
そのためには、いかに効率よく業務を回せるかの仕組みが必要です。
今回はどのように取り組んでいけば、新たな収益ビジネスモデルとして構築できるか、その手法をご案内します。
 

記帳・経理代行セミナーが全国「満員御礼」?

今、会計業界では全国的に「記帳・経理代行」セミナーが人気です。開催した会場がどこも満員御礼となっています。

なぜ、ここまで記帳・経理代行への関心が高まっているのでしょうか。

参加者に取材を行ったところ
「経理代行は高単価を見込める事業なので、当事務所でも始めたいですね」
「経理代行をすでに受注しているのですが、製販分離をしっかりして効率良く受注する方法を学びたかったので参加しました」
といった声が集まりますた。

こうした声から“サービスの“高単価化” “業務の効率化”という2つのキーワードが浮上してきました。
この2つのキーワードがポイントとなりそうです。

まだ記帳・経理代行を受注していないが収益の柱にしようと検討している「立ち上げ型」と、すでに記帳・経理代行を受注しているが業務効率の改善を図りたい「業務改善型」
狙いが違う2パターンの会計事務所が、「記帳・経理代行」というワードに反応していることがわかりました。
 
続きを読む