士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

  • TOP
  • 検索結果

検索結果(全75件)

タグ “ 相続” を含むコンテンツを表示しています。

  • 「資産税案件新規獲得」事例

    2019.03.01
  • 開業4年目で売上1億9千万!!~相続・承認案件発掘手法~

    2019.03.01
  • 「こんなことも相談できるの!?」 相談を大型案件に変える!人脈構築術を大公開

    2019.03.01
  • 司法書士とFPと一緒に相続案件を獲得!!

    2019.03.01
  • 『相続シミュレーションplus』を活用して 年間90件を超える資産税案件を受注

    2019.03.01
  • 中小企業の事業承継と廃業の分岐点【後編】

    2019.03.01
  • 中小企業の事業承継と廃業の分岐点【前編】

    2019.03.01
  • 『平成31年度税制改正大綱』における相続税・贈与税の変更点とは?

    自由民主党と公明党が発表した『平成31年度税制改正大綱』。相続税・贈与税に関する変更もあり、制度によっては前年度で通用したことが通用しなくなるため、注意が必要です。では、どのような点が変わったのか、また、どのような制度が創設されたのか、相続税・贈与税において押さえるべきポイントを見ていきましょう。(2018年12月26日時点での内容であり、以降変更される場合があります) 平成31年度の税制改正では、相続税・贈与税に関する制度の創設や見直し、期間延長が行われました。以下、変更のポイントです。【創設】個人事業者の事業用資産に係る相続税・贈与税の納税猶予制度特定事業用資産を取得し事業を継続していく場合、条件付きで相続税や贈与税の納税を猶予する【制度見直し】特定事業用宅地に係る小規模宅地等特例の見直し相続開始前3年以内に事業の用に供された宅地等は基本除外する など【期間延長】教育資金の一括贈与の非課税の見直し期間を2020年の年度末まで延長学校等に通っていないもので23歳に達している場合は対象範囲を制限する など【制度見直し】結婚・子育て資金の一括贈与の見直し信託等をする日の前年の受贈者の合計所得金額が1,000万円を超える場合、信託等により取得した信託受益権は本措置の適用はできない など【期間延長】農地に係る相続税・贈与税納税猶予制度の見直し福島復興再生特別措置法に即して復興整備計画による譲渡農地に係る代替農地等の取得期限は避難指示等すべてが解除された日から5年経過する日とする(これまでは1年)【制度見直し】非上場株式に係る相続税・贈与税納税猶予制度の見直し受贈者の年齢要件を18歳以上に引き下げ など【期間延長】登録免許税の軽減措置の延長土地売買による所有権移転登記等に対する軽減措置を2年延長する など【制度見直し】贈与税特例の受贈者の年齢要件の引き下げ摘要年齢を20歳から18歳以上に引き下げる(1)直系尊属から贈与を受けた場合の税率の特例(2)相続時精算課税制度(3)非上場株等に係る贈与税の納税猶予制度 など【創設】民法改正に伴い配偶者居住権評価の創設配偶者居住権の評価配偶者居住権が設定された土地や建物の評価 など今回の相続税・贈与税の税制改正では、減税につながるものもあれば、増税となるものもあります。専門家に相談しながら、節税対策を進めていきましょう。   2019.01.07
  • ~他業種連携による生前対策業務の受注~

    2019.01.01
  • 戦国大名に学ぶ相続・事業承継セミナー開催パッケージ 3/3(Part2)

    セミナー開催から参加後のフォロー、案件化までサポートする充実の動画&ツール集こんな課題をお持ちの先生にお勧めです!■顧問先との会話でどう事業承継を切り出してよいかわからない■相続・事業承継について講演してみたいが、どう話してよいかわからない、■セミナーからどうやって自分のほしい案件につなげてよいかわからない  相続・事業承継に関する従来の『営業手法』は、どのような対策をとればよいか『やり方=テクニカルな部分』に着目したセミナー、ツールがほとんどでした。このパッケージはそのような従来の製品と違い、なぜ相続・事業承継をする必要があるのか『あり方=目的』を明確にすることを前提に組み立てています。やり方や手法だけでは、成果につなげられません。相続・事業承継は「なぜ」という目的や理念があって、はじめてやり方、手法が必要になり、成果につながっていくのです。あなたの大切な顧問先の相続・事業承継対策が「仏作って魂入れず」の状態にならないよう、本教材を活用して過去の事例に学びながら、あるべき姿へ導いていっていただければと存じます。 主な内容■動画1 2016/5/25開催セミナー収録「戦国武将の相続・事業承継失敗と現代相続の類似とその話し方のポイント」顧問先に相続・事業承継を具体的に考えていただくために、「有名な戦国大名の相続問題」という身近な事例でPRしましょう。歴史上の事実を「相続問題」の観点からお話しすることで、顧問先に対して「違った切り口」をアピールできます。このセミナーでは各大名家の事例を元に、現代企業に置き換えた場合どのような対策をしたらよいか解説しています。<主な内容>・事業承継大失敗の戦国武将から学ぶ─武田家・上杉家・織田家・豊臣家・毛利家・完全無欠の相続マスター、徳川家から学ぶ・相談者に興味を持っていただく話し方のポイント■動画2 セミナーを行う際にどのように話せばいいのか?本DVD撮り下ろしで解説!「戦国武将の相続・事業承継失敗と現代相続の類似とその話し方のポイント ~解説編~」実際にセミナーで顧問先の社長、資産家の方に向けて、どんなところに注意して話せばよいのか、「ここをちゃんと伝えれば大丈夫」というポイントを解説した動画です。歴史の背景や、その出来事が現代企業にたとえた場合どのような意味になるのか、監修者である眞﨑正剛先生より勘所を説明していただいています。 歴史に詳しくない方、まだセミナーの講演実績がない方でも、わかりやすく学べます。<主な内容>・セミナーを成功させるためにも一番初めに、あくまで「相続・事業承継」のセミナーであって「歴史」のセナミーではないことを伝えよう・信長と家康、自身亡き後の成否を分けた、たった1つの要因とは?・戦国時代と現代、大きく違うところは何か、そしてその違いどのように顧問先に伝えるのがよいか →現代は相続税がある■動画3 「現代の企業経営に置き換える信長の最強の経営術と家康のパーフェクト事業承継」「希代の天才経営者」織田信長と「希代の事業承継の達人」徳川家康。この2人のノウハウは現代の企業経営にも応用することができます。信長が同時代の大名家と比べ、一歩抜きん出て、天下統一に王手をかけられたのはなぜか。家康の築いた江戸時代が約260年もの長い間続いたのはなぜか。彼らの歴史上の軌跡をたどることで、企業の経営戦略と事業承継のあり方を学べます。<主な内容>■織田信長「実態は“経済戦争”と“人事管理”と“ブランディング”~最強の経営術」・弱くてもカネがあれば勝てる!「城」までもカネ儲けの道具にした男・「秀吉の出世街道」と「茶の湯」に見る「人事管理」と「ブランディング」の妙■徳川家康「究極の教科書経営者~パーフェクト事業承継」・希代の不人気な英雄「家康」~事業承継にロマンは1ミリも必要ありません!・10代の時から大坂夏の陣まで、1回も変わらなかった「旗印」に込められていた「理念」 ツール集●セミナー開催時のオープニング動画●各セミナーのレジュメ●診断チェックシート●セミナー開催チラシ●相談受付チラシ●アンケート●お礼状ひな型●タイアップ企画書●売り込み手順書この動画はオンラインショップBiscoにて販売しております。 『戦国大名に学ぶ相続・事業承継セミナー開催パッケージ』詳細商品名:戦国大名に学ぶ相続・事業承継セミナー開催パッケージ製作年月:2016年12月仕様:DVD3巻・ツールCD1枚、レジュメ価格:96,120 円 (税込)  2018.11.01
もっと見る