• TOP
  • 検索結果

検索結果(全11件)

タグ “三井皓市氏” を含むコンテンツを表示しています。

  • 事業承継で相談者が納得する 提案の勘所と最近の傾向や事例

    ・税理士法人エクラコンサルティングで実際に行っている提案手法・こういう状態なら危険。顧問先の事業承継事前確認ポイント・今年の資産税の動向とは 2019.05.24
  • 相続の各種手続きが簡略に?法定相続情報証明制度

     相続の各種手続きが簡略に?平成29年5月29日から、全国の登記所(法務局)において、相続登記の申請手続や被相続人名義の預金の払戻しなどの各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」が始まりました。 2018.03.23
  • 【エクラ通信】残念な相続!平等相続は悪平等

    平等相続は悪平等未上場の同族会社で業績が良く、不動産、有価証券等の資産価値の高い財産を保有している場合は、事業承継は大変です。自社株の相続税評価額が、かなり高額になるケースが多いからです。 2018.03.16
  • 【エクラ通信】代襲相続とは?直系卑属ならば代襲相続人になれる

    大阪市在住のAさんが、祖父Xさんが亡くなられたと相続の相談に来ました。Aさんには妹のBさんがいます。Aさんの父であるYさんは数年前に亡くなられているそうです。つまり、代襲相続に関する問題です。 代襲相続とは?代襲相続とは、被相続人が死亡する前に相続人となるべき者(推定相続人)が、死亡その他の事由により相続権を失った場合において、その者が受けるはずであった相続分をその者の直系卑属が相続する事をいいます。被代襲者は、被相続人の子又は兄弟姉妹であり、直系尊属及び配偶者については、代襲相続は認められていません。代襲者が代襲相続権を失った場合、代襲者の子に再代襲が認められています。被代襲者が被相続人の兄弟姉妹の場合、その子(甥、姪)には代襲相続は認められていますが、再代襲は認められていません。 2018.03.09
  • 【エクラ通信】アパート融資の膨張と空室率上昇

     アパートローン急伸、相続税対策で過熱人口減の日本で、賃貸アパートが増えています。2015年の相続税増税でアパート経営が節税策として注目され、相続に伴う節税需要を取り込む形でアパートローンも伸びています。マイナス金利政策で収益環境が厳しい銀行にとっても数少ない成長分野として、融資増に力を入れているのです。 2018.02.27
  • 【エクラ通信】「現預金」に相続税課税増加 対象者拡大で「土地」を超す

     相続税課税対象者拡大エクラ通信107号でもお伝えしたように、相続税の基礎控除額の縮小で2015年に相続税の課税対象となった人は約10万3,000人で、前年に比べて83%増えました。一方で、1人当たりの平均税額は1,758万円と715万円減りました。 2018.02.22
  • 【エクラ通信】増えるタンス預金

     タンス預金は急増タンス預金、つまり家計が銀行などの金融機関に預けずに自宅においている現金が増えているそうです。第一生命経済研究所によると、直近の2月末時点で43兆円と前年同月比8%増えました。増加額は3兆円で国内総生産(GDP)の0.6%に達します。紙幣の発行残高は2月末で4%増の99兆円。このうち決済などに使われる分を差し引いてタンス預金の残高を試算したそうです。増加率は3年間で3割強に達します。日銀の2016年12月末時点の統計でみても、国内の現金保有のうち全体の8割が家計に集中しており、タンス預金も家計に偏っているとみられます。 2018.02.20
  • 【エクラ通信】相続税対策の養子は有効

     節税目的でも有効という判決相続税の節税を目的にした養子縁組が有効かが争われた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(木内道祥裁判長)は今年1月31日、「節税のための養子縁組でも直ちに無効になるとは言えない」とする初判断を示し、無効とした2審・東京高裁判決を破棄する判決を言い渡し、有効とした1審・東京家裁判決が確定しました。節税目的の養子縁組は富裕層を中心に相続税対策として行われていますが、その現状に沿う判決となりました。有効性が争われたのは、2013年に82歳で亡くなった福島県の男性と孫との養子縁組。男性は亡くなる前年、当時1歳だった長男の息子である孫と縁組をしました。それまで男性の法定相続人は長男と娘2人の3人でしたが、孫との縁組が有効なら4人となります。男性の死後、娘2人が「縁組は無効」と提訴しました。今回の訴訟では男性に縁組の意思があったかどうかが争点となりました。 2018.02.15
  • 【エクラ通信】債務免除と贈与税(応用編)

    前回は、借入金を債務免除して贈与税が課税されるお話をしました。今回は債務免除した貸付債権が消滅せず継続していると申告して相続税法違反で有罪となった事例をもとに、一部脚色したケースで考えてみます。 2018.02.13
  • 【エクラ通信】本当にあった相続事例―債務免除と贈与税―

    年金生活者のAさん(70歳)は、最近大病をしたこともあり、相続税対策でご相談にみえました。Aさん(70歳)には、自宅と数千万円の金融資産以外に、知人のBさん(58歳)に貸付けた3,000万円の債権があります。これは事業をしていたBさんがAさんを連帯保証人とするノンバンクからの借入をしたのですが、10年前にBさんは事業から撤退し、資産を全て売却処分しても残った金額です。 2018.02.08
もっと見る