• TOP
  • 検索結果

検索結果(全1件)

タグ “大澤会計事務所” を含むコンテンツを表示しています。

  • 【若手所長の開業日記】学生社長時代に切望したサポートを自らしたいと税理士で「リベンジ起業」

    大澤憲明氏(税理士)は、名古屋大学大学院入学と同時に、農業に関するベンチャー企業を設立し、代表取締役に就任しました。自給自足で農産物を作り、市場等に販路を築きました。「税務・会計の知識もなく、営業の仕方も経営方針の立て方も分からなかったです」(大澤氏)会社経営が漂流するなか相談できる人も存在せず、大澤氏は2005年10月に社長を辞任し、会社を去ることに。進路を決める際「経営の意思決定のときに、隣でサポートしてくれる人がいたら、どんなに心強かったことだろう。当時欲しかったサポートを、今度は自分が、悩んでいる経営者にできるのでは」と考え、税理士としての「リベンジ起業」を決断しました。2006年1月、専門学校にて資格取得のための勉強を始め、2009年9月には会計事務所に就職。実務経験を積みながら、知識とノウハウを学びました。2013年3月に名古屋市立大学大学院を修了し、税理士資格を取得。同年11月に独立開業を果たしました。学生時代の起業から、ちょうど10年で「リベンジ起業」を実現したのです。 事務所のキャッチフレーズは「一歩前へ」現在は紹介をベースに、交流会で知り合ったネットワークを駆使するなどして、着実に新規顧客を獲得。今後は飲食業特化に注力していきたい構えです。事務所のキャッチフレーズは「一歩前へ」。経営に悩む経営者が一歩前へ進めるよう、大澤氏は全力でサポートにあたっています。 プロフィール大澤 憲明氏 1979年愛知県名古屋市生まれ2003年名古屋大学教育学部卒業2003年名古屋大学大学院入学と同時にベンチャー企業設立2005年名古屋大学大学院修了2013年3月名古屋市立大学大学院経済学研究科修了2013年11月税理士登録。独立起業大澤会計事務所(愛知県名古屋市)2013年11月開業。自らの起業経験を活かし、開業・法人設立支援に強みを発揮する。 2017.10.30