士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

  • TOP
  • 検索結果

検索結果(全2件)

タグ “担当交代” を含むコンテンツを表示しています。

  • 【税理士を変更した理由】仕事が遅いうえにテキトー! 担当者が替わっても、親がダメなら子は全員ダメ!?

     アパレル業谷内社長(仮名)の告白私は主人と二人で都内に小さいながらも、自分のこだわりを全て詰め込んだアパレルショップをオープンしました。主人とは10年前、新入社員として入社した大手アパレルチェーンの同期社員として出会いました。「どのお店に行っても似たような商品があふれている」とうんざりしていた私たち二人は「そのまま大手アパレルチェーンで働いて生活を安定させるべき」という互いの両親からの強い反対を押し切り、2年前に40万円という少ない資金でアパレルブランドを起業しました。最初の一年は赤字覚悟でとにかく“質”にこだわろうと、海外での生地の買い付けなどに奔走。そんな努力が報われたのか、若者に人気の女性モデルがSNSで私たちのブランドの服を着た写真をUPしたことで、認知度が急上昇。一気に仕事が軌道に乗り始めました。そんな時、アパレル業界の先輩から在庫の評価や輸出入の管理、工場への発注から決済まで、「節税できるところはしっかり!アパレルは成功してもキャッシュフローを良くする努力が必要」と忠告を受け、大の数字音痴の私は、会計事務所に全て任せることにしました。どの税理士さんに頼むとよいのか、ネットで会計事務所を検索し、“アパレル業界に強い”と評判のO先生の会計事務所と契約をすることに。 担当者を替えるだけでは解決にならない先生の事務所はショップからもほど近い千駄ヶ谷にあり、最初の面談では、とてもアパレル業界に理解もあり、話が順調に進んでいきました。しかし実際に業務をお願いし、担当になった職員・Y君が最悪だったのです。 2018.05.14
  • 【私が税理士を変更した理由】担当がまじめな税理士先生から不愛想な職員に変更し対応が最悪です! 雑貨卸経営 田原社長(仮名)の告白

    私は3年前に雑貨卸を起業しました。顧問税理士は知人から紹介してもらったC先生。まだ独立したばかりで「私が担当しますから安心してください」と誠実に言ってくれたのを覚えています。当社には毎月訪問して、電話にもしっかり出てくれて、メールを送ったらすぐにレスポンスが来ました。何かお金のことで相談があれば、親身になって話を聞いてくれ、心強かったです。C先生は最近、事務所をマンションの一室から、しっかりとしたオフィスビルへと移転しました。きっと親切な対応が評判で、次々とお客様を増やしていったのでしょう。事務所移転とほぼ同時に、C先生に代わり、Jさんという若手の職員が突然当社にやってきました。髪がぼさぼさで、陰気な風貌。「私が御社の担当です」と不愛想なあいさつをしてきました。見た目の印象通り、Jさんの対応は最悪でした。約束の時間から30分以上遅れて当社に来ても、何のおわびもありません。電話をかけても折り返しもなく、メールを送っても1週間以上返信がない状態でした。毎月当社に来る契約だったのに、先月は一度も来ないありさま。Jさんに電話したところ「毎月訪問するって知りませんでした」と、すっとぼけたような答えが返ってきました。C先生に電話を代わるよう伝えたら「先生、今いないっすよ」と、やる気のない言葉で告げられ、怒りがこみ上げると同時に受話器をたたき切ってしまいました。どうしてこんなに社会人として最低限のマナーができない人間が当社の担当なんでしょう。C先生もC先生です。「私が担当する」って言ったのに、突然Jさんのような職員をよこすなんて。もう決めました。会計事務所を替えることにします。お願いです。親身になって対応してくれる会計事務所を紹介してください! ここが要注意! 開業時の契約は顧問先増加を想定し「所長が担当します」と断言しないこと 担当交代や訪問頻度変更の際は顧問先の了承を取ろう 担当者のビジネスマナー、服装など、顧客対応の教育をしっかりしよう士業の先生とのコミュニケーションに関するご相談、エピソードを募集しています。こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。 2017.10.25