士業の『今』を知り、『未来』を見つめるWebマガジン

  • TOP
  • 検索結果

検索結果(全2件)

タグ “社長” を含むコンテンツを表示しています。

  • 残念な相続! 指名後継者の交代

     早すぎた後継者の決定首都圏で建設業を一代で築いた創業社長のM氏(72歳)には、長男A(40)、次男B(35)、長女(32)の3人の子供がいました。当初M氏は、Aに事業を承継させるつもりで、15年前に創業した建設会社M社の株式の一部をAに贈与していました。M社の現在の株主構成はM氏50%、M氏の妻30%、A20%です。しかしAは、M社に入って事業に携わると事業に不向きなことが判明しました。また、M氏のみならず一緒に働くBとの折り合いが悪く、兄弟で一緒に事業をやることは無理だとM氏には思われました。そうしてM氏は次第にBに会社を承継させたい、と考えるようになりました。5年前には、自宅も二世帯住宅を建て直しB一家(既婚で子供1人)と同居を始めました。 2018.06.04
  • 【私が税理士を変更した理由】税理士が派手なセミナー開催に夢中!もっと本業に力を入れてください!!製造業 曽根社長(仮名)の告白

    「社長さん、銭をもっと増やしたいですか?銭稼ぐぞ!銭稼ぐぞ!おー!!」 夕方のローカルニュースから流れてきたのは、当社の顧問税理士・L先生の雄たけび。「社長のための銭稼ぎ塾」というセミナーを主催していて、テレビ局が取材に来たようです。 L先生は白装束を身にまとい、新興宗教の教祖のよう。中小企業の社長とおぼしき受講者たちは「銭稼ぐぞ!銭稼ぐぞ!」と、こぶしを上げて叫んでいました。L先生とは20年の付き合いになりますが、以前は控え目でシャイな人でした。何かに取り付かれたかのような突然変異ぶりに、私は目を疑いました。 ニュースによると、このセミナーは2年前から続けているとのこと。思えばちょうどL税理士事務所の対応が急変した時期。それまで担当者が毎月訪問してくれて、L先生に相談したいときは、すぐにアポイントが取れました。しかし、今では担当者が来るのは2~3ヵ月に一度。L先生に電話をかけても折り返しの連絡が来ません。私は複雑な心境でした。 その2日後、L税理士事務所の職員と称する派手な格好の女性が当社にやってきました。要件は「社長のための銭稼ぎ塾」の勧誘。女性は妙になれなれしいアプローチで、とても税理士事務所の職員とは思えませんでした。セミナーの参加費は30万円。そんな高額なセミナーを、派手な女性を使って勧誘する事務所のスタンスに憤りを感じました。 女性が帰り、化粧の強い残り香の中で私は思いました。「今のL先生は、かつて親身になって相談に乗ってくれたL先生ではない」 税理士が本業をおろそかにするなんて言語道断!まじめにきちんと仕事をしてくれる税理士を紹介してください!! Attention セミナー開催、書籍出版等、目立つ活動を行うときほど、本業をおろそかにしてはいけない 営業活動を行う際は、会計事務所としての品位を忘れずに士業の先生とのコミュニケーションに関するご相談、エピソードを募集しています。こちらのフォームよりお気軽にお問い合わせください。  2018.01.22